スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
期待の現れ
2011 / 09 / 12 ( Mon )
いよいよです!

昨晩は持ち物を自分で考えながら準備して…

『もう教師が付きまとう事は本当にない?』
『一日全部学校にいて良いの?』
『本当に良いの? www』
『ひげは剃ったよ!』
『これ、どうやって使うの?』と持ってきたのは…
髪の毛のトリートメント (爆笑)
Drに『大人は身だしなみも大切』って言われたからねぇ~ (汗)

『明日は何時に家を出るの?』
『お弁当作ってくれるのぉ?』 (喜)
『校長先生と会うんだよねぇ~』 (喜)

はい!テンション上がっています。 www

さぁ~準備は万端!! の筈。 (母が自信がない 

行ってきます 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村




テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

05 : 00 : 00 | 学校 | トラックバック(3) | コメント(8) | page top↑
Re Start
2011 / 09 / 10 ( Sat )
終わりました。 

朝、不安で不安定になるかと心配しましたが、親が思っている以上に落ち着いていました。
今日は学年活動の日だったのですが、そこでお別れ会をしてもらったようです。

帰りは主人にお迎えに行って貰いましたが、14:30下校(当然の事次男だけ)の予定が、14:00過ぎに次男から電話があって『終わった』って…
早過ぎ 
ダンナ『一応校長が出てきたから挨拶して来たって』言ってたけど、差しさわりのない普通~~の挨拶だったって (汗)
厄介者がいなくなって清々したって感じなのかな 

記念にメッセージ集のファイルを貰って来ました。
一人一人が一言メッセージを書いてくれています。
先生方も一言。
これが結構人となりを表しています。 ww

やっぱり次男は人を感じる事にとても敏感だと思います。
次男が苦手だったり嫌いだったりする先生のメッセージって感じるものがないって言うか分かっていないと言うか…
新しい学校でもここで学んだ事を大切に元気で過ごしてください。って  
忘れるために転校するのに。
忘れたいから転校するのに。
学んだ事なんて理不尽な事に我慢する事くらいなのに。

このメッセージ集、本当はありがたいことなのだけれど、私にしてみたらこの学校の事を忘れて仕切り直して欲しいと思っているので、次男の未練を煽るのではないかとちょっと複雑な気持ちなんです。
特にTちゃんのメッセージ。
元気でがんばってね。急な転校でビックリしています。って…
 あなたが原因です!あなたのお母さんが原因です!!
あなたが口をききたくないと、あなたが次男の存在が怖いと言ったから学校も過敏に反応しているんです!!!と思ってしまって 

こだわりが強い次男なので後々思い出しては転校したくなかった…なんて事にならなければ良いけどってちょっと気になるんです。

下校後の次男は意外とサバサバしていて、嬉しい誤算でした。
もっと気分が沈んだ常態かと思っていたので…

取りあえず気持ちの整理は出来たのか、新しい学校への期待が大きいのか分かりませんが穏やかに過ごして、就寝もスムーズでした。 

週末は個別指導の後、新しい学校で必要なものを買い物に行く約束をしていますし、日曜日にはバスケもあります。
バスケにはメンタルフレンドさんも来てくれる事になっています。
参加者の中には今までの学校の先輩や同級生もいてとても楽しみにしています。

そして月曜日からは次男にとって高校生のRe Strat です。
毎日笑って過ごせますように。 


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村








テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

00 : 19 : 16 | 学校 | トラックバック(5) | コメント(6) | page top↑
秒読み開始
2011 / 09 / 08 ( Thu )
転校まで後4日。
今の学校へ行くのも二日になりました。

今週は、受けれる授業全てに出してもらうようにお願いをしておいたので、女先生が配慮してくださりそれぞれの授業でお別れの挨拶をしているようです。

次男も気持ちは新しい学校へ向いてきているので、新生活を楽しみにしています。

先日も『体育や体力つくりは出られないけど、○○学園で沢山運動するからいいよな』
『○○学園行ったら沢山勉強できるかな』
『○○学園行ったら先生が付きまとう事も無くなるな』
『部活何に入ろうかな。迷っちまう』 etc… と新しい学校の話ばかり www

でも、一番私が良かったと思ったのは…
『もうこれでブラックノーズ(別人格)に取り付かれる事もなくなるよね』って言葉。
次男も苦しかったと思います。

今週は本当に穏やかに学校へ通う事が出来ています。
仲の良いお友達にはお別れのお手紙も書いて持って行きました。

火曜日は最後の念願の部活に参加。
『 楽しかったぁ~』って帰ってきました。

一つ一つ終わって行き、新しい事が始まります。

私も転校に向け着々と準備をしています。

i pod に次男の好きな曲や動画をインストールしました。
これで通学の電車の中も他人の視線や音を気にしないで過ごせます。
音過敏・視線恐怖への対応です。

今日は登校時間に合わせて、通学時に使う電車3線それぞれどの位混んでどんな人たちが乗ってくるのかまた、乗る車両はどこが良いか、乗り継ぎ駅の経路はどこが良いのかを下見してきました。
一週間ほどは登校に付き添うつもりなので、学校から会社への経路も時間などを確認しておかなくてはなりませんでした。

この学校は登校時間が少し遅めに設定されています。
多分想像ですが、通勤通学の電車の混む時間をずらしているのと、遠方から通ってくる子供たちへの配慮だと思います。

驚いたのが、次男の入学担当の先生が自立登校(一人で通ってくる練習)に付き添っているとの事。
普通そこまで学校はしませんよね。
そこまで面倒を見てくれるなんて…

学費はハッキリ言って理系の大学と同じくらいかかりますが、将来まで見据えたカリキュラムや先生方の対応を考えると高くはないなと感じています。

ここの先生方だったら安心して次男をお任せできると今は安堵の気持ちでいっぱいです。

あれもダメこれもダメと言われる学校生活が終われば次男も穏やかな毎日が送れると思うし、そうなれば家庭の中も穏やかになると期待してしまいます。

週末は電子辞書や通学かばんなど新しい学校で必要な物をを揃える為に次男とお買い物に行きます。
個別指導やバスケもあって忙しい休日になりそうです。



最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

01 : 46 : 17 | 学校 | トラックバック(3) | コメント(8) | page top↑
ため息さえももったいない。
2011 / 09 / 01 ( Thu )
二学期初日、始業式に参加してきました。

前日から学校へ行く準備をしっかりとして…
私からしたらもう転校してしまうのだからそんなものは持っていかなくていいんじゃない?と思うようなものまでしっかりと。
律儀な特性は今更変えられないよね。 ^^;

今朝荷物の中に見慣れたタオルが2枚。
嫌な予感…

行ってきます!と出かける次男を見送っているとかばんの中からタオルを取り出す後姿。
予感的中!!
実は夏休みの間、この2枚のタオルを顔に巻いて変装の練習をしていました。

Tちゃんと仲直りしたい次男。
Tちゃんは次男の存在が怖いと先生から聞かされているので、自分の存在を消そうとして試行錯誤しながらどうやったら自分の存在がTちゃんにバレないかと考えています。

そこま追い詰めて…
親としては学校の対応が腹立たしいです。

もちろんそんな事はする必要がない事も口をすっぱくして伝えているのですが、強迫性が強い次男には自分の考えを変更する事は至難の業です。

まさかタオルで顔を隠して学校へ行かせる訳には行きませんから、すぐに携帯に電話をしてそん格好で学校へ行ったらTちゃんが余計怖がるし、変質者として警察に捕まるよと伝えて止めさせました。

そんなスタートでしたが…

学校から帰って来て昼過ぎ携帯に次男から電話が。
『始業式出られたよ』『楽しかった』と言って入るけれど声のトーンは低く…
何かあったな?と感じました。

今日は毎週のDrの予約日。
『病院に連絡帳とファイル持ってきてね』と伝えました。

いつも病院で次男と待ち合わせをしているのですが、病院に着くと『遅いじゃないか!いつまで待たせるんだよぉ』と機嫌が悪い。
全然時間には余裕があったのですが、ちょっとイライラしていました。
連絡帳を見てやっぱり!と。

あれだけ女先生はもちろん、副校長にも直接お願いしたのに最後の一週間の次男への対応は今までと基本的に変更はありませんだって。
そう!次男が一番受けたがっていた体育も朝の体力つくりもNG。
週二日に増えていた給食も一回に減っていて、部活だけがOKになっていました。

たった一回だけの事、しかももう他の学校へ移ってしまうと決まっていて、前に進むためにはこの次男の願いはとても重要なポイントだと言う事は伝えてあったのに。
Tちゃんとの仲直りもあやふやなままになっているようで、出来ないなら出来ないでハッキリ次男に言ってくれた方が不安は軽減されるのに…

一時が万事こんな対応だから子供は不安になるしイライラもする。
それを子供のせいにしてイライラする方が悪い、薬を増やせと言う。
なんと情けなく専門性のない特別支援学校なんでしょう?

Drも予測はついたけど…と今日は言葉少なでした。
私もDrも心情的には今すぐにでも転校してほしいと思っていますが、なんせ強迫性が強い次男ですので、決めた事(自分が勝手にですが)は変えられないので仕方がありません。

きっとあと一週間イライラした状態は続くと思います。

あと一週間の我慢。

ここまでくるとため息さえもったいない気がします。(涙)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

23 : 51 : 11 | 学校 | トラックバック(7) | コメント(12) | page top↑
決まりました。
2011 / 08 / 24 ( Wed )
今日、次男が行きたいと思っている学校の最終面接に願書を持って行ってきました。

この日を次男は待ちに待っていました。

朝から準備万端で待っていました。

行きの電車、一回目の学校見学の時のようなピリピリとした感じはなく、程よい緊張感で自分で努力して気持ちをコントロールしているようでした。

電車の中での気になる音もご自慢の i pod を 『嫌な音がしたら聞くからね』なんて言いながら巧く使っていました。

ちょっと気になるのは i pod の音量。
自分の嫌な音を消すために聞くので、結構な音量で聞いています。
ですから付属のイヤホンでは音漏れがするのです。
私が『ちょっと音が大きいんじゃない?』と言うと、ほんの1mmくらい小さくしてくれるのですが、これも譲れるようになったのは気持ちが前を向いているからだろうなと感じました。

この問題は、ノイズキャンセラのヘッドフォンを今日面接がきちんとできたら買うと言う約束でクリアしました。

視線恐怖の方も自分で伊達メガネをつける事で、変装して(本人はそのつもり ww) コントロールしていました。

学校へ着くとちょっと硬くなっていましたが、出迎えてくださった先生に『待っていましたよ』と言われリラックス。

職員室を通り抜けて面接室があるのですが、職員室にいたすべての先生が笑顔で気持ちの良い挨拶と共に迎えてくださり、やっぱりこの学校はいいなぁと感じました。

面接室に入ると、担当の先生が次男君の今までの学校での様子などは既に聞いているので…と言う事で、次男の気持ちの確認といつから転校してくるかの確認でした。

次男はまず、今の学校で最初で最後の授業(1回で良いから皆一緒の授業に参加したいと言う事)を受けてお別れ会をしてからでもいいですか?と自分で聞いていました。

先生は『もちろん次男君の受けたい授業を受けてからで良いですよ』と。

二学期は行事が多く9月の末には1週間ほどの宿泊合宿があり、それに参加するかどうか聞かれると超ハイテンションで『行きます!!』と返事していました。

好きな学習は何かの問いには、『国数・英語・体育・生活・家庭科…』
それ全部じゃん (汗)
結局授業が受けたいって事なんだよね。

勉強以外で好きな事は?
と聞かれ…
ヒーローものの話になり、いつの間にやらかばんから自分で書いたシナリオのノート見せていました。 (~~;)

食べ物で好き嫌いはあるかの問いに…(宿泊合宿は自炊が多いそうで…)
好きなのは野菜と肉とフルーツと…
嫌いなのはエリンギとえのきと舞茸以外のきのことこんにゃくと硬いものが苦手ですと答えていました。
その話の流れで料理の話になった時…
又おもむろにデジカメ出して自分で作ったカレーパンマンのオムライス・ピグモンのコロッケ・ねこバスのハンバーグの写真を先生に見せていました。
いつの間にそんなもん持ってきていたんだ !(@O@)

まぁ~しゃべるは質問するは最初の緊張感はどこへ行ってしまったのでしょう? (汗)
私が止めなかったらいつまでもしゃべっていたんじゃないでしょうか。

話し終わったらさっさとかばん提げて、さぁ帰ろうと言わんばかりでした。 www
母、恥ずかし… 撃沈 (涙)

面接室をでて、職員室の先生方が皆立ち上がって見送ろうとした時、

『9月からお世話になります。よろしくお願いします。』と90°のお辞儀をしたのにはびっくり!!
こんな事ができるんだぁ~

そしたら目の前の先生が、『僕の事覚えていますか?体験の時に授業をした○○です。よろしくお願いします。』って握手してくれました。
嬉しそ~~~~うな次男の顔。
その後皆さんで見送ってくださいました。
小さな学校だからこそこんな暖かい対応ができるんだなぁって感じました。

その後の次男の様子はご想像のとおり。
先ほどまでテンション 

皆様にはいろいろとご心配をおかけしましたが、何とか道が見えてきました。
これからは今の学校に次男の気持ちがきちんと切り替えられるように協力をしてもらうお願いをしなければなりません。

まだしばらくはバタバタですが、取り急ぎ皆様にご報告 





テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

00 : 42 : 36 | 学校 | トラックバック(5) | コメント(22) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。