スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
障害者として生きると言う事
2013 / 06 / 24 ( Mon )
先週水曜日に療育手帳(東京都では愛の手帳と言います。)の更新に行ってきました。


次男が手帳を取得したのは小学校6年生の時。


クラスのお友達のお母さんから手帳の存在を聞き、高校の進学の際手帳を持っていないと特別支援学校へは入れない、就労の際も手帳があれば障害者雇用枠と言うものがあると聞き、次男君は程度が軽いから無理かもしれないけど、今じゃないともっと取りにくくなるかもしれないねと言われ、考えた末に手帳を取得する事にしました。



判定の日はご機嫌が悪く、幸か不幸か判定が下りたのですが…




あの時手帳が取れていなかったら今どのように過ごしていたんでしょう。
現在は手帳を持っていなくても特別支援学校へ入学している人もいますし、福祉の制度でも手帳が無くても受けられるものもあるようです。
実際次男の居た特別支援学校にも手帳を持っていない子も何人も居ました。



次男は手帳を持っているお陰で移動支援のお世話になっています。
今の次男の生活には移動支援は欠かせません。



水曜日の更新の際も医師の問診で更新ではなく申請だと勘違いしていたようで、
「息子さんの知能検査の結果を合わせてみて4度の判定が下りると思いますよ」なんて言われて… 

良くなる訳じゃないからなぁ~とか思いつつ「更新なので…」と

医師も「あっ更新でしたね」なんて…

そりゃ間違いないよな心理士や医師の問いに自分の興味のある事はベラベラしゃべるし、興味のない事は「分かりません」だもんねw




知能検査は次男一人で受けるのですが、終了後「テストバッチリできた!」とか颯爽と部屋から出てきて…
こんなところが幼いなぁって感じましたよ。




そう言えば同じ時間にもう一組居たのですが、受付の時に親子だと思っていたらどうやら夫婦のようでした。
まだ20代前半くらいのカップルで、女性の方が軽度なのか係員とのやり取りは女性の方がやっていました。
でも、話しているのを聞いていると納得って感じがしました。



以前 「だいすき」 ってドラマがあったのを思い出しました。
私には次男が結婚するなんて想像もつかないし、もしそんな話が出ても許す勇気はないなぁ~なんて考えながら帰ってきました。



先日次男がお世話になっているフリースペースの保護者会に参加した時もいろいろな悩みを持っている親御さんが居て、皆お子さんの将来の事を一生懸命考えていらっしゃいました。
年配の方も多く、時代を考えるときっと私より苦労されてきただろうと思いました。



中には物凄く熱心に福祉の事を勉強されている方も居て私も勉強になったのですが、その方のお子さんは手帳を取得されていないそうです。
それはお母様の考えで障害者として生きる事を選択させたくないと…
でも、支援は必要でその為にお母様自身が沢山勉強して、情報を収集しお嬢さんがいろいろなチャレンジを出来るように努力されてました。



そう言う生き方もあるんだなぁって思いながら帰ってきました。



人それぞれ生き方はある。



今はこれが正しいのかそうでないのか分かりませんが、これから後何十年かたった時この選択が間違っていなかったと思えるように、良い方向へ向かっていかなくちゃなぁって思います。




今日はブルームーン。
大きな輝くこの月のように、次男の未来も輝きますように。


NEC_0279.jpg






最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

01 : 34 : 05 | 広汎性発達障害 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
<<ヤレヤレ… | ホーム | 特別だけど特別じゃない>>
コメント
--東京都ってやさいしね--

千葉県はそこは厳しくて、全員が療育手帳もちか申請中でないと受け入れてもらえません・
どんな人も輝く場所。輝く時があると思います。

成長のしない人もいない。ただ遅いか早いかのちがいだけである・

娘が通う支援級の先生の言葉です・

太陽のような強い輝きをする人もあれば。月の光のような柔らかい人もいる・またろうそくのような輝きしかないと嘆くこともない・

その人その人の輝き方をすればいい・

それぞれの輝き方あって違っているからこそ世の中は面白いんです・

幼稚園の園長先生の言葉より

今日は借り物ばかりですが、何も出来ないと嘆くよりも輝き方が見つかれば。次男君だって輝けるのです。物凄く遠回りであっても・・・親は焦ってじれてしかってしまったり
するけどそれもまた・親子だから出来るもの
だと思うのです
by: きつね母じゃ * 2013/06/24 18:25 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: 東京都ってやさいしね--

きつね母じゃ様

ありがとうございます。

東京は優しいでしょうか?
友人のお子さんは千葉の茂原の支援学校に通っていますが、羨ましいほど充実した学校生活を送っているよ。

結局場所と言うより人かな?

どうせ一生治るものでもない訳だから上手く付き合っていくしかないのですよね。
by: エンジェルキャッチ * 2013/06/25 00:12 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

うちは専門学校卒業時に取得したの。やっぱりその頃じゃ本人もキツイよね。それでも取れて本当に良かったと思っているわ。親は子供よりたぶん先に死ぬから。
by: ミリわん * 2013/06/25 00:39 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: No title--

ミリわん様

息子さんは大人になってからだったんですね。
よく受け入れる事が出来ましたね。
きっと親も子も大変だったろうなぁと想像します。
でも本当に親のほうが先に逝く事になると思うので、
この選択は間違いではないと思いたいです。
by: エンジェルキャッチ * 2013/06/25 01:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/541-69ad88f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
クロムハーツ
こんにちはそこには、単にに警告となったグーグルを通して、あなたのブログ、とことがわかったそれはだ |有益本当に本当に 。 私は つもりはブリュッセルに気を付ける。 私は意志 感謝するあなたは将来これを継続している場合。 数多くの多く人々あなたの文章から恩恵を受けられます。乾杯。 クロムハーツ【2013/10/25 06:59】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。