スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
当事者との温度差
2013 / 05 / 16 ( Thu )
今日の朝刊に…



障害で通級指導初めて7万人超

 心身に障害があり、公立小中学校で特別の授業(通級指導)を受けている児童・生徒が、昨年度初めて7万人を超えたことが分かった。文部科学省が14日、調査結果を発表した。同省は「学校側の受け入れ態勢が整ってきた影響ではないか」とみている。

 調査は全国の公立小中学校が対象。通常学級で学び、一部で通級指導を受ける子どもは計7万1519人(前年度比6159人増)で、内訳は小学6万5456人(同5292人増)、中学6063人(同867人増)。合計数は公立校の児童生徒全体の0・7%にあたる。

 障害の種別は、多い順に(1)言語障害(3万2674人)(2)自閉症(1万1274人)(3)学習障害(9350人)(4)注意欠陥多動性障害(8517人)――など。(2)~(4)は「発達障害」と呼ばれ、5年間で人数が2・8倍に増えた。




確かに通級教室は増えていると思います。
特別支援学級も…
昔に比べたらメディアにも取り上げられることも多くなったと感じるので、それはとっても喜ばしいことです。


だけど、器を増やしてそれでOKと言う訳には行きません。
受け入れる器が多くなったと言う事は、それだけ支援を必要としている子供たちが多くなったという事です。


と言う事は支援をする側も増やさなければなりません。
ただし誰でも良いと言うわけには行きませんね。


支援を受ける側が多ければ多いほど、多岐多様な支援を必要とします。
それをこなせる先生がどの位いるのでしょう?


我が家のケースは特別なのかもしれませんが、言い方は悪いかもしれませんがあまり能力のある先生に巡り会った事がありません。
過去の記事を読んでいただければ分かると思いますが、特別支援とは名ばかりだったように感じます。


中には熱心な先生ももちろんいると思いますが、この増えた生徒や通級のクラスに対して果たして安心して任せられる先生が充分に配置できているんでしょうか?


特別な支援を要する子に限っていえる事ではないと思いますが、この今朝のニュースを読んで器を増やしたから受け入れ態勢が整ったと言うのは机上の判断のような気がしてならないのです。
所詮お役所仕事だなぁと…


きちんと支援できる人材を育てて体制を整えてから器を増やす。
それこそが体制が整ったという事なんじゃないかと感じるのです。


何もやらないよりはマシかもしれませんが、真っ当な支援が出来ない中で一日の大半を過ごす子供たちとその家族ほど気の毒なものはありません。
最悪の場合一生トラウマなどの弊害と付き合って行かなければならなくなるのです。


生まれ持ったハンディに後天的なハンディまで背負わなければならなくなる可能性を教育を生業とする人たちがどの位覚悟を持って携わっているのか、疑問に感じた記事でした。




最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

00 : 39 : 57 | 広汎性発達障害 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<あなたが障害を作っている。 | ホーム | 終わっているけど終わらない。>>
コメント
--No title--

松戸市でも、ようやく支援コディーネーターの育成や、支援教諭の育成が始まったばかりです。しかも市内で、随一と呼ばれる先生の公開授業を見せるためであったり・講義を年何回か受講する程度ですが。。。

それを受けたら、ハイ!支援教諭の資格獲得になるらしい・・・^^;

その先生に、3年間学び、ずいぶんと変わったように見える三男ですが
蓋を開ければ、教諭自身が発達障害だったり・躾と称して、股間とたたいたり・暴言吐いたりです・

その先生は生徒を育てながら教師も
見極めて育てることをしたり。向いてないと勧告したりする立場にあるわけで・・・私達親からすれば、「うちのこはモルモットかい!?」と何度いいそうになったか知れません・ですが入学する際に、「うちの支援級は、松戸市のこれからの未来を託す子供達を育成すると共に・教師も育成すると言うモデル校の認定を受けています。データーとして今後の支援級ありかたの参考となりますので、ご了承ねがいます」と言われておったので、何かの役に立つのであれば。。。と思っていますが

それでも傷ついて帰宅した息子を見るたび、潰れそうになりましたわ

ですが、O先生は「こんな大人ばかりの社会の中に出て行かなきゃならん君達だ・ここで勉強しなさい・
そして、自分の味方になってくれる
大人や上司を見つけるためのスキルを学べと」常日頃言いますよ

社会はまだ発達障害児をまったく理解していない。何も変わってない・

何度叫んでも耳を傾ける人は少ない・それでも叫び続けたらイツカ・・きっともっと君達が生きやすい世の中になるはずだと私は信じていると卒業時の、はなむけの言葉としていただきました。

まだまだ支援内容は追いついてないのが実情。でもお役所がその器を作ってくれなければ、人は育つこともできない・まだ手探りの状態なのだと思っています・

三男も無理解な教師に散々いじられて、発育と知能の後退が出てきました。トラウマは・・消えない・それも判らない役人が作るのですから、支援が伴わないの腹立たしいけど、とにかく隔離してなんかおしえとけ!的発想が根底あるからもしれませんね
by: きつね母じゃ * 2013/05/16 09:09 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: きつね母じゃ様--

全く同感です。

日本はまだまだです。
国民性として多数の中に居ると安心すると言うか毛色の違うものには拒否反応を起こすんですね。
みんな同じでなければ落ち着かないw

人は一人一人違うのにそれを教えなければいけない学校が、一斉指導しかできない。
特別支援とか個別指導とか机上ではごもっともな事を言っているけれど、無知な人たちが作った決め事だもの真っ当に事が動くとは思えません。
人を育てる場所に育っていない人たちが先生先生と言われ自分たちは偉いみたいな勘違いしてしまうんです。


モデル校…
家の小学校もそうでした。
なにがモデルなんだってw
子供たちはモルモットじゃない…
私も同じ事を思いましたよ。
良かった私だけがそう思っていたんじゃなくてwww
by: エンジェルキャッチ * 2013/05/16 23:25 * URL [ 編集] | page top↑
--みなさんのおっしゃる通りですね。--

 器が増えてきたことのみ取り上げて、整ってきたと思いこんでいる能天気さにはあきれました。まだまだですね。
 以前の上司が言っていました。一番わかっているのは親御さんたち。一番勉強しているのも親御さんたち。生半可な理解では太刀打ちできませんよって。
 専門家という人がいるはずなのに、そういうひとがなかなか立ち上がって発言してくれているようには思えません。親御さんたちが立ち上がるしかない?なんてやはり変です。
by: 猫亀さん * 2013/05/19 12:36 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: みなさんのおっしゃる通りですね。--

所詮お役所仕事みたいなもんです。

国は表面だけしか見ていませんから…

親や関係者の声だって我がままみたいに取られるのが常です。

当事者にならなければ理解してもらえない事も沢山ありますから。

まぁこの問題に限らずですが…

国も優先順位があるでしょうから残念ながら仕方のないことなのかもしれません。
by: エンジェルキャッチ * 2013/05/20 00:32 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/534-ea836580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。