スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
終わっているけど終わらない。
2013 / 04 / 30 ( Tue )
先週月一回のDrの受診日。


いつものように他愛もない話や最近の出来事を話して、最後に決まって…



この状態ではまだ学校に行くのは無理ですか?と聞く次男。



Drも決まってもう少し今やっている事を続けてからね。



学校へ行くのは無理、どんなに次男が頑張っても再発の恐れがあるから無理。
次男の希望をなくす事になるから言えないけど、一生この会話の繰り返しをするんだろうな…



今、話題になっている小学校の担任が自分のクラスの子供たちに暴言を吐いている問題。
このニュースを聞くたびにこのクラスの子達はトラウマが残るんじゃないかと心配になる。



学校の先生は担任を離れたらそれでおしまい。
何かトラブルのあった先生でも移動させれば丸く収まるとでも?



いいえ、心にキズを受けた子供たちは一生その傷と戦いながら苦しんで生きていくのです。
それは障害があろうが無かろうが同じです。



発達障害を持っている次男は物の考え方に偏りがあります。
ですから、どんなに口で説明しても理解・納得できないものが沢山あります。
想像する力が弱いので不安が人より強いです。



先日もボソッと「おれ高校卒業できなかったね。」
「みんなと卒業したかったなぁ」と…まともなセリフを言って見たり


かと思えば、「Drに視力の検査や身体測定をして欲しい。どこに行けばやってもらえるのか」と聞いていました。
何故だかわかりますか?
学校で行われる健康診断をずっと受けていないので、不安で仕方がないのです。



最近は一生懸命人の役に立とうとしています。
先日もある大型電気店へ祖母と行った時のこと。



店員が祖母にあの方(次男)のお知り合いですか?
と聞かれたそうです。



母が孫です。と答えると…


どうやら次男は毎日のようにここへ来てはレジの女性を見ていたり、買い物をしたりしているそうです。
ある日そのレジの女性が何かで困っていた時「お手伝いしましょうか?」と声をかけたそうです。
「僕は仕事がしたいんです」とも…



1つには女性に興味があると言う事。
学校の友達は皆就職や作業所などで働いていると言う事。
毎日一人で退屈=話せる同世代の友達が欲しい。

そんな理由からでしょう。




又、ある日は幼稚園の園長先生からお電話を頂き、週に1~2回幼稚園へ行っているそうで、
園長先生が長男の担任だった事もあり、次男の事は良く理解して下さっているので園長先生がいつも対応をしてくださっているようです。



園長先生は自分が出来る事は何でもしてあげたいが、自分の目の届かないところで園児とその父兄とのかかわりがあったっ場合の事を苦慮されていました。



と言うのも実際父兄が誤解をしそうな出来事があってたまたま次男の担任だった先生が、その場に居合わせてフォローしてくださったのですが、その先生もお子さんを幼稚園に通わせている父兄としてその場にいて、幼稚園の先生だった事は他の父兄には伏せているので立場上あまり次男の事をかばう訳にも行かず…



また、次男が親切心で女の子のトイレに付き添おうとしたり…
次男はただ喜んで欲しい。褒めて欲しいと思っているだけですが、
傍から見れば18歳の男子、危険人物と見られても仕方がないですよね。



何でも一人でできて勝手に行動してしまう。
本人にしてみれば間違った事は何一つしていないのです。



それが世間にはストーカーや犯罪者に成りかねない危険な行動なんです。
だからと言って家に閉じ込めておく訳にもいかない。



こういう事が起きるたびに学校へちゃんと通えていたなら…
とついつい落ち込んでしますのです。
本当に今更なんですが、我が家にとってはまだまだ続いている学校問題。
いえ、多分一生続く学校問題なんでしょうね。



良く目にする発達障害の方の事件。
そんな事件を目にする度に、人事ではなく不安になります。



学校の先生方は既に終わった問題。
だけど家には一生の問題。




最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

01 : 32 : 34 | 広汎性発達障害 | トラックバック(1) | コメント(13) | page top↑
<<当事者との温度差 | ホーム | 鼻歌を歌いながら…>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2013/05/01 20:22 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2013/05/01 22:05 * [ 編集] | page top↑
--Re: 追記です--

鍵コメ様

コメントをありがとうございました。

気にされているようですが全く(笑)
実は私もそうだから…

もしかしたら多かれ少なかれみんなそんな不安を持っているのではないかと思います。

不安からの恐怖と現実と周りの子供たちの状況とをちゃんと分かっているから余計不安や自分への苛立ちなどを抱えてしまうんでしょうね。
その気持ちの持って行き場がないからゲームや自分の好きな事に助けを求めてしまうのではないかと思います。
時には気持ちが爆発して他人に向けら得る事も…
本人も辛いと思いますが、回りも大変ですよね。

幾つになっても心配事は尽きません。
親として何が正しいのか判断に困る事もしばしば。
今出来る事は大人になるに向けていかに本人とその家族に対して手助けをしてくれる人を増やしていけるかのような気がします。

by: エンジェルキャッチ * 2013/05/01 22:39 * URL [ 編集] | page top↑
--考えさせられました。--

 すぐには言葉が出てきません。次男君が通えるような学校を早急に国は作らなければならないと思いました。公立高校の無償化までしたのはいいけれど、もっと支援の必要な生徒を受け入れられるスキルを持った学校設立が必要だと国に気付いてほしい。
by: 猫亀さん * 2013/05/03 17:25 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: 考えさせられました。--

毎日毎日高校へ行きたいと言われ、どうしようもない現状に次男の気持ちは分かっていながらもうんざりしてしまうダメ親です。

今も取り付かれたようにドリルをやっていますが、学力が愕然とするほど落ちていて、このところ全く勉強を見てやっていなかったので出来なくなるのは当たり前だよなぁ~と…

何事も日々の積み重ね。
母親一人の力ではどうにも限界が…

結局学校へ行けていれば…と言うところに行き着いてしまいます。
by: エンジェルキャッチ * 2013/05/03 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

現在特別支援に通ってますが、中学時代も
支援級。いざこざを繰り返しながら、仲間になっていった息子ですが、高校はそれだけではやはり済む筈もなく・・・
スケープゴートのようにやりたくもない体育祭の副団長を押し付けられて、悩んでます。担任と副担任の2人で8名を見てるのですけど。。。担任は、盲学校からきたせいか、あまり子供らの表情をみません。困っているんだと。。言えず、悶々としているところに。辞退したいと申告すれば、無責任だと一喝され、・・その反動で、息子が倒れました。卒業時、中学の先生からここから先は、荒海の航海だと思え!辛い時はいつでもここに帰ってきなさい。私はいつもここにいます。話を聞いて対処方を授けるから

ひとりではないことを覚えておいてください
と言われましたが、早々に悲鳴を上げた三男に、「お前・・それは、飛ばしすぎたのが原因だぞぉ~!!まぁ決まったもんは取り消せないからテキトーにやってしまえ。文句が出たら「お前らがやれば良かっただろ」といってやれ~」と言われ少し、気が晴れたようです。

学校は、決して安全な場所ではなくもっといろんな支援ができる学校があったら。。と思います。わざわざ特別支援なんぞつけなくても良いじゃないかと思います、いろんなでこぼこがあるから人間なんだもん

18歳の男子が異性に興味がなかったら困ります。
人の役に立ちたいと行動しようとすることはとてもすばらしい。でも現代社会は本当に冷たいなぁと思うことがしばしばありますね・

別に後をつけているわけでないのに、たまたま同じ方向にに歩いているだけで、警官を呼ばれて「職質」を受けさせられた長男

あの女、自意識過剰!!と怒ってました
警官も何度か呼ばれている方のようで、「すみません。僕らも呼ばれたら来るしかなくて。。。」と平謝りだったみたい・

わんこ散歩をしていると、軽度発達と言うよりはかなり重症のこが、「うわ!うわ~くるなぁ~かみ殺される~助けて~」と近所の中を叫びながら、逃げていく様をわんずと娘と。あんぐりしながら見送ったのですが・・・

すぐさま父親と言う人に「うちの子に犬をけしかけた」と怒鳴り込まれていやな思いをしたばかり。おとなしいワンズをみて、誤解だと理解されたようですけど。。。

1度受けたトラウマはきえませんもんね。
学校卒業させてやれるものならやりたかったよね・受け入れ側と行き違いが起きたら
先には進めず。ではあまりに悲しい。一緒に本当に卒業したかった気持ちを思うと涙が出ます。
何か方法はなかったのかと、四角四面の支援なら要らないといつも思います
by: きつね母じゃ * 2013/05/04 21:27 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

難しいよね。
特に男の子を持つ母親としては「犯罪者になったら・・」ということが一番の心配事だと思います。
女の子に興味を持つことはごく自然なことなんだけどね。

学校のこと。
次男君も辛いけど、聞かれる親も辛いね。
ずっと残ってしまうのも彼らだもんね。
by: yuyuhaya * 2013/05/05 21:10 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: きつね母じゃ様--

きつねさんのところも本当に色々と大変ですよね。
特別支援とは名ばかりで、何も支援できないどころか自分たちの力量を棚の上に押しやって、苦手をもって頑張って生きている子達にこれでもかと言うほど手枷足枷縛り上げる。

息子さんに応援団をやらせるのも、学校の教師のこの子ならこのくらい出来るだろうとか、この子にはこの仕事をやらせて達成感を味あわせようとか勝手な思い込みを押し付けているだけ。

人は一人一人嬉しい事も悲しい事も苦しい事も違うと言う事を忘れて、自分たちが管理しやすいように人や事を動かしているとしか思えません。

特別支援なんて知識や資格がなくてもちゃんとその子自身をしっかりと見ていれば、簡単ではないかもしれないけど、苦しめる事は少ないと思います。

毎日毎日次男に学校をやり直したいと言われ続けるのは私も苦痛です。
そして、学校がこの状況を全く知らないと言う事も私の中では何ともスッキリしない気分です。
by: エンジェルキャッチ * 2013/05/06 00:32 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: yuyuhaya様--

区の緊急安全メールに登録しているのですが、変質者などが出たと言うメールが来るたびに、その内容が次男と当てはまらないかを確認してしまいます。
メールが来るたびにドキドキします。

多分学校でお友達と過ごすことが出来ていたら、こんなにも人に親切にしようとか自分から必要以上にかかわりを持とうとか思わなかったんじゃないかと…
失った友達との時間を取り戻そうと、一生懸命になればなるほど心配の種が増えるような気がします。
可哀想だと思う反面、もう諦めて違う方向を見つけて欲しいと思うのだけれど、それが出来ないのが発達障害の次男なんですよね。
by: エンジェルキャッチ * 2013/05/06 00:42 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2013/05/06 07:11 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2013/05/06 09:52 * [ 編集] | page top↑
--Re: 鍵コメさま--

いいえぇ~
私も最近はお返事が物凄く遅くて、皆さんに申し訳ないなぁと思っていました。

こちらこそいつも温かい人薬を頂いて感謝しています。
これからも助けてください。 (^^)
by: エンジェルキャッチ * 2013/05/06 09:52 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: スケジュール--

鍵コメ様

コメントをありがとうございます。
この年頃になれば異性に興味を持つのは当然の事ですが、それが厄介といえば厄介ですよね。
なんせ物の考え方がマイルールと言うか偏りがありますから。
しかも一見全く健常と変わりがないので…
暫く話をしていれば?この子ちょっと違うぞって分かりますが、会話も普通に出来てしまうので理解してもらいにくいのがますます厄介です。

精神科に入院した事もあり日中は身体介護付きの移動支援の援助を受けていますし、フリースペースも発達障害を扱っている事業所なので安心してお任せできるのですが、移動支援にしてもフリースペースにしても一日中支援をしてもらえる訳ではないので、どうしても一人で過ごす時間のほうが多くなります。

世間的に言えばその他の時間は親が面倒を見れば良いではないかと言う事だと思いますが、18にもなるとそれなりに親への反抗心も出てきますので、同じことを指摘されても素直には聞く事ができませんし、その事で私も注意せざるを得なくなり、次男に失敗体験を植えつける事になるので次男にとって良い方法ではないとDr にも言われました。

又、家庭の事情もあり私がフルタイムで働かなくてはならないので、家に居て次男の相手をするのも難しい状態です。

スケジュールは決めていますが、一人ではやはり退屈のは否めないのでどうしても誰かと関わりたくなるんだと思います。
作業所は環境的に今の次男の状況ではまだ難しいとDrに言われているので、一番良いのは知的障害者向けのデイサービスなのですが、デイサービス自体が少ないので今通えるところを探しているところです。

いろいろとご心配頂き又アドバイスしてくださってありがとうございます。
見ず知らずの人たちが次男の事をッ考えてくださる事にいつも感謝の気持ちでいっぱいです。

又何か良いアドバイスがあればお聞かせくださると嬉しいです。
ありがとうございました。
by: エンジェルキャッチ * 2013/05/07 00:40 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/533-076e9e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
クロムハーツ 店舗
いつかきっと 終わっているけど終わらない。 クロムハーツ 店舗【2013/10/23 14:04】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。