スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
カミングアウトはよく考えて
2009 / 08 / 15 ( Sat )
次男が普通級判定で小学校に入学した時
私はクラスの保護者会で次男の障害について
保護者にカミングアウトをした。

理由は嘘をついているようで、人を騙している様で
黙っているのはいやだったから。

もちろん体験入学をして普通級判定を貰ったわけだから
遠慮する必要も無いのだが…

学校側には詳しく生育歴や療育の事など書類にして提出した。
これも学校に息子の事を理解してもらって支援をして貰うため。

担任はたまたま、いとこの元担任だった為いろいろと協力してくれた。
学校側は保護者が付き添って授業を受けることが条件だったのだが
先生が『お母さんがいつも一緒じゃ社会に出た意味がないから
     別室で待機しててください。困ったことがあったらお知らせに
     行きますから。』ありがたいことです。ハートありがとう

でもそのうち息子がクラスの子とトラブルが出てくるようになり
(息子は友達になりたかった。でもその方法が分からなかっただけ。)泣き顔
毎日のようにお詫びの電話。

ある日迷惑をかけてしまったお宅に電話をすると…
『障害って先に言われるとこちらは何も言えないですよね!
 こう言うときってどうすればいいんですかね!」怒
って言われてしまった。おちこみ

幼稚園のプレに通っていた時も何人かに囲まれて
『幼稚園に入園するの止めてもらえません!!』
って言われたことあったけど
その時よりショックだった。えぇ
ただひたすら謝って電話を切った記憶が未だに残っている。

そんなことがいくつかあって学校側としては
トラブルは困るからと紆余曲折がありました。
(詳しくは6/11のブログを読んでね)

カミングアウトをしようと思った時は
只次男の事を分かって欲しかっただけだったのだが
今思うと心のどこかに他人への甘えみたいな物が
あったのかもしれない。
障害があります。って言えば許してもらえるって… 苦笑

その後特別支援学級に移って何が良かったかって
同じ仲間といると言う安心感。
本当に心が楽になりました。
そして、その影響が息子にも。GOOD
やはり母のピリピリ感が息子にも伝わっていたのですね。かおまる

入学をする時もし入学相談を受けず障害があることも告げず
そのまま普通の子として入学していたら…
只やんちゃな変わってる子で済んだのかもしれない。
幼稚園の時、仲良くしていた子と一緒に卒業したかったって
泣かれずに済んだのかもしれない。
(未だに泣く。そしてこれがトラウマのきっかけ)

でも私は私の選択が間違っていたとは思わない。
思いたくない。
普通級にあのままいたら、もっと息子は壊されていたと思うから。
私自身も孤独に耐えられなかったと思うから。

これからカミングアウトを考えている方
良い点も、悪い点もある事を考慮して決めてくださいね。グー
スポンサーサイト
01 : 11 : 52 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<楽しみだけど怖い | ホーム | 一進一退>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/52-5116ff8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。