スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お節介おばさん
2012 / 06 / 10 ( Sun )
昨日上げた記事にも関係してくると思うのですが…

先日気になる新聞記事を見つけました。


支援放置:自閉症小6評価せず、通知表に斜線

毎日新聞 2012年05月28日 15時00分(最終更新 05月28日 18時44分)

 高機能自閉症を抱える関東地方の当時小学6年の男児(12)が3月、ほぼ全教科の成績を斜線(評価なし)とする3学期の通知表を渡されていたことが分かった。男児はクラスの授業に出られなくなっていたが、ほぼ毎日登校。発達障害児らを支援する「通級指導教室」(通級)は週3時間しかなく、保健室や図書室で過ごしていた。専門家は「学習支援が不十分で、通知表の評価が全くできないほど放置していたのは問題」と批判している。

 母親(41)によると、男児は集団行動や字を書くのが苦手な一方、知能指数は高く、年500冊以上の本を読む。通級では算数や図工、集団行動などを学んだ。通知表は所見欄に「毎日少しでも教室で過ごそうと取り組んだ3学期でした」などと記されたが、国語以外の学科評価は斜線だった。母親は「存在を否定されたようでショックだった」と話す。

 校長は「国語だけ評価材料がそろった」と説明。毎日新聞に対し、校長は「取材は受けられない」としたが、地元教委には「成績をつけない場合は事前に保護者に説明する方針だが、対応が不十分だったなら申し訳ない」と述べたという。



この記事を読んで皆さんはどう感じられましたか?

ここに訪問してくださる方はほとんどが身内にお仲間がいらっしゃる方だと思います。
もし、自分の周りでこんな事が起こっていたら…

このお子さんもご父兄もどれだけ傷つけられたか…

このケースはまさしくカテゴライズされた子供がカテゴライズの意味を間違って理解をした大人の都合によって存在を無視されたに他なりません。
この学校のコーディネーターは機能していたのでしょうか?

そもそも、クラス授業へ出られなくなっていた原因は何だったのでしょうか?
小学校と言う事は担任が授業を持っているはず。
担任の対応はどうだったのか…


校長は「取材は受けられない」としているが、学校の長としての責任は?
教育委員会も「成績をつけない場合は事前に保護者に説明する方針だが、対応が不十分だったなら申し訳ない」と言っているが、事前に保護者に説明…?
そんな事ではなくて成績をつけないって事の方が問題なのではないのか?

学校で学ぶ事って勉強だけではないはず。
小学校であるなら尚更、人として成長していく段階で土台を作る大切な時間。
勉強で評価が出来ないなら、学校へ毎日通っている事だって凹凸を持っている子供には努力を要する事だってあるのだし、
その子自身をきちんと見ていれば評価できる事は沢山あるはず。

日本人の体質とでも言うのか皆同じでなければはみ出し物みたいな扱いを受ける。

特別支援の本来の意味をこの学校や教育委員会が全く理解していない証拠ですね。

でも、きっとこの学校だけの話ではないはず。
声を上げたから表に出ただけで、氷山の一角・一握の砂としか言えない。

きっと海底には驚くほどの同じような状況に置かれている家族がいるはず。
その中にはそれで由としている方もいるでしょうし、諦めている人も…
もしかしたら多数がそう言う方なのかもしれません。

それはそれでそれぞれのご家庭の考え方なので非難するつもりはありませんが、これから学校と言う一番最初に出て行く社会が、どの子供にも平等に学ぶ権利を与えられる場所になって欲しい。
凹凸があろうと無かろうと…
その子にとっての学ぶ権利を…

私は次男を通して沢山の他の方がしないような経験をさせてもらっています。
この経験をこれから学校と言う社会に出て行くご家族のために何らかの形で生かしていくことが出来ないかと思っています。
大きなことは考えていませんが、自分で出来る範囲で人に迷惑をかけない程度に…

ただのお節介おばさんです。(笑)

もしかしたら何の意味も無いかもしれません。

でも、何もしなければ何も始まらない。

お節介おばさんの独りよがりかもしれませんが、お節介を貫いて行きたいなと考える今日この頃です。
何か良いお考えがある方は、お節介にお知恵を! ww




最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

09 : 58 : 25 | 広汎性発達障害 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
<<お知らせ  追記あり | ホーム | カテゴライズ>>
コメント
--これやられたよ。--

三男は3学期に(小6の)から完全登校拒否にはいり、卒業式も校長室。当然通信簿は、3学期のみ評価なし、全部斜線でおわってましたね~。しかも欠席理由が、病欠。

このときはすでに普通学級への進学を拒否されたこともあり、支援学級の選考に忙殺されて、これを取り上げる暇すらなかったわ。学校も教師も信頼してなかったしね・どうでもいいわってかんじでした。

同じ小6の2学期から登校拒否になった娘もまた斜線。強引に受けさせられた。テストの評価もなかったね・で・・・3学期にいたっては、一言インフルエンザ脳症による検査のため、全休。デおわりね。

でもね 一番惨めだと思ったのは、卒業式後の馬鹿野郎校長さまの態度です。
三男のときは、次男の術前検査と重なり、時間がないこともあって、着替える暇もない所に、担任から早くこい!1時までにきてくれと電話で矢のような催促。でもこの日の次男の診察時間が1時半・出かけ寸前の電話攻勢。。。普段着で、きれた三男を追いかけて、卒業証書を取りに行けば、お偉いさんがずらり。。。

   なんじゃこの連中!!と思えば前任・退任した校長がずら~・・・
私たち赤っ恥。

さらに娘にいたっては、こちらがきちんとした卒業用の服をきて、式後取りにいったら
客人も帰ったらしく。。。普段着ならまだしも「ジャージ」で一言
「去年、お宅ら普段着で、私に恥かかせてくれたから。これでいいとおもいましてねぇ」

   速攻教育委員会に抗議の電話いれてやりましたわ・

晴れの日に参列できない、親子の悲しさも知らずにいる高慢なあの馬鹿野郎さま校長だけは。いまだ許せません。


でも揉め事おこして、子供が傷ついたらと・・・親は泣き寝入りするしかない、とあきらめちゃう親御さん大勢いると思います、

エンジェルさんおおいに、お節介おばさんをいたしましょう・^^

結局ね、教育者が一番わかってないんいいだよね。発達障害のこと。
三男なんぞ何度も、アスペの兆候はないか?適切な通級クラスはないか?とたずねても
教師らの一言「・・・は自閉症児じゃありません!!」これには唖然・・・

軽度発達と重症の自閉症を勘違いしたらしいという。。。顛末つきでした。

全国に沢山いるんだろうね、、、こうして泣いてる親御さんや子供達。

しんどいね・・・
by: きつね母じゃ * 2012/06/10 13:24 * URL [ 編集] | page top↑
--きつね母じゃ様--

連日コメントありがとうございます。

そうですか…
当事者だったんですね。

こんな身近に居たとはビックリです!

それにしてもひどい校長ですね。
家の次男の時の校長も相当ひどかったけど…

私も一生あの校長は忘れません。
許すことが出来ません。

こんな思い出ばかりで寂しいね。
きっとこんな思いをしている家族全国に驚くほど居るんでしょうね。
残念だね。
by: エンジェルキャッチ * 2012/06/10 14:38 * URL [ 編集] | page top↑
--内申かぁぁぁ(ため息)--

先日、不登校の生徒さんが通うスクールの先生が、「スクールに通っていたら、
学校で、出席扱いにしてくださることになりました」と大変、喜んでおられました。
これについては、学校によって対応は違うのですが・・・。
でも、私は、どうなのかな・・・と思いました。
成績表に関して、校長室登校や保健室登校していても、斜線ってところばかり
なのに、そちらは大丈夫かな…と。

うちはスクールに通い、後に、かろうじてテストだけは受けに行けるようになったので
斜線ではなかったですが。

でも、成績表を見て、わかりました。
不登校でも、障害特性を理解し、学校へ行けない間の子どもの様子を
把握しようと最大限の努力をしてくださり、
「敢えて」きちんと成績をつけてくださった先生達がいらっしゃいました。

この記事に関して言えば、
教育委員会に「申し訳ない」と謝罪しているこの学校長の怠慢に過ぎません。
評価材料は、アレンジして考える事ができると聞きました。
そんな無能な教師の方はいないと思います。
それこそがカテゴライズだと思うのですが。
by: くしゅ * 2012/06/10 17:42 * URL [ 編集] | page top↑
--斜線とは……--

 存在を無視されたと受け取られて当然のことですね。同じ教育の現場にいて、心ない配慮の足りなさに腹が立ちました。
 お節介おばさん賛成です!!
by: 猫亀さん * 2012/06/10 20:36 * URL [ 編集] | page top↑
--タイトル--

斜線かぁ~・・・最近の子供は想像力がないと言うけれど、教師もな!

こうしたら~こうなる~さらにこうなる~みたいな事考えないのね・・・

私も勝手に応援団みたいな、お節介おばさんだと言われたことがあるよ。「あれ?」迷惑かけちゃったの?ってその時思ったわ。

でもさ。もう黙っているのは嫌なんだ。

自分が感動したものを紹介したい。憤ったことを言いたい。ブログの力ってものはあると信じている。
by: ミリわん * 2012/06/10 22:19 * URL [ 編集] | page top↑
--おひさしぶりです。--

ありますね。
私の友人にも、斜線・・・。
大きな問題となっていました。

カテゴライズについても、その通りですね。

今、娘は定時制高校で、すごいなー!と先生方のことを感心しています。
高校なので、知的障害の子には慣れてないんですが、普段から、どの生徒に対しても、ひとりひとりとしっかり向き合おうとされているので、娘にも同じように向き合ってくれています。そうしたら、みるみる娘の気持ちを、先生方が理解していかれるんです。
驚きました。
これまで、支援学校の先生方でさえ、娘のことを理解するのに、時間がかかっていたし、言葉を持たない娘にとって、それは仕方のないことだと私は思っていたのですが。
娘が、自分の思いを表現するスキルも上がったのだとは思いますが、それにしても、娘を理解するのが早くでビックりしています。

やはり専門的な知識ではなく、今、目の前にいる生徒にどうしてやればいいか?それをあーでもない、こーでもない、と考えてくださること、それに尽きる!と思いました。
先生方、どの生徒さんらにも、そういう対応なんですよ。
まあ、教師だけの問題でもないかもしれませんが。

ところで、お節介おばさんですが、エンジェルキャッチさんは、上手に文章で表現できるし、メール相談なんて、どうですか?
救われる方が多いような気がします。
by: イムニー * 2012/06/11 16:10 * URL [ 編集] | page top↑
--タイトル--

何が問題なのか?根本的なことが全く理解できていないみたいですね。

一人ひとりが大事な子供。

もし、自分の子だったら・・・と考えれば答えは自ずと出るはず。

あまりの事に唖然としてしまいますね。

本当に悲しいし悔しい。
by: yuyuhaya * 2012/06/11 22:20 * URL [ 編集] | page top↑
--くしゅ様--

何が良いのか悪いのかわたしには判断できないし、決まり事がなければ組織なんて動かないという事は良く分かるけれど、もう少しどうにかならないものなんでしょうか?

なんのために成績表があるのかを考えたら、斜線と言う結果は出ないような気がするのですが…
その子の学期なり一年の頑張りを表すものなんじゃないのかな?

きっと先生たちにとっては内申の道具でしかないんだね。

悲しいね。

by: エンジェルキャッチ * 2012/06/12 01:19 * URL [ 編集] | page top↑
--猫亀さん様--

何だか悲しい事だけれど、どうやらあちらこちらである事のようです。

本来子供の頑張りを評価するべきものなのに、それこそ先生方のカテゴライズの為の道具のようにしか思えません。

とっても残念です。
by: エンジェルキャッチ * 2012/06/12 01:22 * URL [ 編集] | page top↑
--ミリわん様--

wwwお節介おばさん。

だってミリわんさんが私の目標だもの (笑)

精々想像力を働かせて、人を傷つけないお節介おばさんになりたいです!
by: エンジェルキャッチ * 2012/06/12 01:25 * URL [ 編集] | page top↑
--イムニー様--

お久しぶりです。
時々覗かせては頂いていたのですが、読み逃げでごめんなさい。

ちぃちゃんちゃんと高校生活を送れていて私も嬉しくなりました。
やっぱりハンディを持っている子だって、ちゃんと認められたいしプライドだってあるんですよ。
ちぃチャンの事を見ているとそう感じます。
イムニーさんもここに辿り着くまでには相当な努力をされたと思いますし、勇気も行った事ともいます。

親の思いと学校の現場とでは温度差が出るのは当然だと思いますが、お互いに歩み寄ろうとすれば何かしらの道は見えてくると思うのですが…

ちぃちゃんは本当に良い学校と先生に巡り会えたと言う事だと思います。
もちろんイムニーさんの努力なくしては辿り着けなかったでしょう。

メール相談なんておこがましいです。
特別情報があるわけでも福祉に強いわけでもありませんし。
身近にいる方でお話を聞くくらいなら出来るかもしれませんが… ww



by: エンジェルキャッチ * 2012/06/12 01:33 * URL [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

どうやらあまり珍しい事ではないようで、ちょっとビックリしています。

こんな事ありえないと思っていたので…

今の学校ってこんなもんなんですかね。

人を傷つけてはいけませんって教えていて、自分たちは十分生徒も親も傷つけている事に気付かないんでしょうかね?

あぁ~(ため息)って感じです。
by: エンジェルキャッチ * 2012/06/12 01:37 * URL [ 編集] | page top↑
--タイトル--

酷い話ですね。
今、天使の学校でもあるクラスで、エッ!と思えるような事がありました。続いていますけど・・・

また記事にしますね!
by: junmama * 2012/06/13 09:35 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: junmama様--

> 酷い話ですね。
> 今、天使の学校でもあるクラスで、エッ!と思えるような事がありました。続いていますけど・・・

きっとどこでもある話なんでしょうね。
天使君の学校もいろいろと大変そうですものね。

> また記事にしますね!

又伺いますね。
by: エンジェルキャッチ * 2012/06/14 00:42 * URL [ 編集] | page top↑
--タイトル--

すまねぇ~お節介ついでに12日の記事でここを紹介しちゃったよw
by: ミリわん * 2012/06/14 23:31 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: ミリわん様--

> すまねぇ~お節介ついでに12日の記事でここを紹介しちゃったよw

あとざいま~す!! m(--)m


by: エンジェルキャッチ * 2012/06/15 00:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/473-51d33721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。