スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
保父さん三回目
2012 / 05 / 05 ( Sat )
雨模様の1日。
今日は1日家で過ごしました。
1日パソコン三昧 ww
超久しぶりで、テンプレートをちょっといじくって遊んでました。

長男は夕食後中学校時代のお友達と貫徹でカラオケに行っちゃいました。

次男は明日のバスケに備え早めに布団へ入ったのですが、最近の夜更かし朝寝坊の悪循環で未だブツブツ独り言を言っております。 

今週は幼稚園時代の先生のご好意で第三回保父さん修行をしてきました。 ww
ゴールデンウイーク真っ只中で、先生のご主人もお休みのところへ図々しくもお邪魔する事になったのですが、
ありがたいことに先生のご主人が車で送迎までしてくださって…
楽しいひと時を過ごしてきたようです。

毎回夜先生が一日の様子をメールしてくださいます。 

毎回このメールが楽しみになりました。
親の前では見せない顔を先生の前では見せているようで、嬉しい事を沢山書いてくださいます。

今回も先生のご主人と男同士年齢を超えた共通の話題で盛り上がっていたようです。
先生のご主人の優しさに本当に感謝です。

この日はお子さんの幼稚園のお友達も遊びに来ていたようですが、そのお子さんとも何とか上手く関われたようで

その日の帰り車の中で次男が先生に初めて今学校へ行っていないと言う話とその事情を話したそうです。

最近バスケにはまっていると言う話から心臓と足の悪い女の子の話(以前居た特別支援学校の同級生の女の子)
「その女の子のことを分かってあげたいからその子が好きなハウルの映画を自分も観た」と話その話の流れから今学校へ行っていないと話始めたそうです。

『今月高校へ行って先生にごめんなさいをするん(したい)だけど先生にも悪かった事があったから僕にもごめんなさいをしてもらいたいんだ』
『今ゆっくり時間をかけてよい高校を探している。』
『僕は支援学校じゃなくて普通の高校に行きたいんだ。でも、その場合は一年からやり直す決まりになっているんだけどね。』
そんな自分の今の状況や思いを冷静に沢山話したそうです。

『幼稚園の時の友達は、昔から僕を知っているから今あっても話が出来る。』と楽しそうに話していたそうです。

ここまで自分のことや気持ちを話せるのはDr以外今まで居ませんでした。
やっぱり信頼関係なんですね。 

このところ前にも増して幼稚園の頃へ心が依存しているように感じます。
最近は幼稚園の周りをうろうろして幼稚園の先生に『卒園生の**です』なんて挨拶したりしているようで、先日も長男の時の担任の先生が今園長先生になっているのですが、その先生からお電話があり少し事情をお話させていただきました。

園長先生は『自分も園長になって少しは時間に余裕があるので幼稚園に来てもらうのは全然構わないけれど、保育時間だと字ゆっくり次男の話を聞いてあげられないから、保育時間外にと伝えて欲しい』と言ってくださいました。

卒園してもう10年以上も経っているのに本当にありがたいことです。

また、次男が幼稚園の頃から好きだったAちゃん。
どうやらAちゃんの家の周りもうろうろしているようで、『逢いたい気持ちは分かるけど不審者に間違われるし、突然人の家を訪ねるのもマナー違反』と言う事を繰り返し言って聞かせていたところ…

偶然Aちゃんのママにばったり会って、ずっと気になっていたので次男の事を少し聞いてもらいました。
Aちゃんママも次男に『せっかく尋ねてきてくれたけど、今Aちゃんは大学受験で忙しく留守にしている事が多いからたずねてきても逢えないと思う』と次男に言ってくれたそうです。

こうやって地域の方の配慮を沢山頂きながら次男はこれからも生きていく事になります。
出来るだけ人様に迷惑をかけないようにと心苦しい限りですが、部屋に閉じ込めておく訳にも行きませんから、何とか少しでも常識の範囲内で行動できるように教え込んでいくしかありません。

自分の想いが優先してしまうのは、学校生活に心残りがあるから。
この未解決の問題は多分一生解決しない問題。
それならば、この心残りを超えるような次男の興味のある事を増やしていくしかありません。
それは何なのか色々な事を試しながら探して行きます。

それでも最近は随分大人の考えも出来るようになったし、随分自分を抑えられるようになったし今までの経験も全て次男の肥やしになっているんだなぁと感じる今日この頃です。 



最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

00 : 54 : 13 | 広汎性発達障害 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<終わっちゃった。 | ホーム | 失敗?と成功?>>
コメント
----

保父さん体験が、色んな変化をうみだしているような印象で…。

学校への心残りは消せなくても、今のような地道な日々の繰り返しがいつか次男君にとって、悪くはなかったと感じられる日が来るのかもしれないなぁなんて感じたり…。

でも、家族や医師以外の人と信頼関係を築いていくことは本当に大切なんですね。まず家で落ち着いて過ごして、お家以外の場所で、居場所というか、人の役に立てる存在であると思える役割を与えてもらえているって、とっても良いことだなぁって思いました。
by: HANA * 2012/05/05 02:50 * URL [ 編集] | page top↑
--タイトル--

こうして少しずつ、ゆっくりでも次男くんへの支援の輪で彼が包まれていって欲しいね。心無いことを言う人もいるけれど、手を差し出してくれる人もいる。そんな中で、私たちは生きていかねばならないもの。

あ。もう一つ。警察の方にも「よろしくね」の一言を言っておくほうが良いんじゃない?不審者じゃないから~って!
by: ミリわん * 2012/05/05 10:07 * URL [ 編集] | page top↑
--タイトル--

読ませていただいて・・・
学校とのことが何かしらの形で決着がついたら、
きっと、ほんとうに、解き放たれるんだろうなぁ、と思いました。
でもそれは、なかなか難しいですよね。
組織との戦いになるものね。

それを抱えながら・・・
でも、保父さん経験を通して、
いい人との関係が出来つつあるのは、
とってもよかったですね。

人は、誰かとつながって生きていると・・・ほんとにそう思います。
by: sora * 2012/05/05 15:48 * URL [ 編集] | page top↑
--保父さん経験--

 保父さん経験で、間接的に自分の事も見えてくる可能性がありますね。とても良い経験をさせて貰って良かったですね。世のなか捨てたもんじゃないです。幼稚園の園長さんも理解して下さっているようですし、地域の人の協力があれば次男君の幸福は得られると思うので、どんどん協力して欲しいです。次男君が心から信頼できる大人が増えていくことを願っています。でも、次男君、幼稚園時代に戻りたいのかな。楽しい記憶があったのかな。これからだって楽しい事あるからね。
by: 猫亀さん * 2012/05/05 16:33 * URL [ 編集] | page top↑
--我が家もふりかえると助けられました・--

次男は特に、支援を受けさせようにも本人の拒否反応が強く。信頼した方でないと(本人が)どうにもならず。。。中学の3年間の恩師。高校での3人の先生方のおかげで、何とか来た模様。。。それとバイト先の店長さん。いまの大学の院生のかたや講師の先生・


現実手探り、周りの方のおかげで今がある、そんな感じです。

三男のほうも、IQ高かった(TT)、支援校にはいけず、一番怖がっているのは本人で。。。園芸科とはいえ、いまだ道半ば途中、、、一般のこに、混じっていけるかなぁ
とおもっていましたら。。。同じ校舎内に特支があり。あ・・これならいける?!
って感触です、(学校が違うため気安くはいれませんけどね^^;)

次男さんもうちの子も、いろんな経験を積んで、大丈夫を心に一杯詰め込んでいかなくちゃいけないと思うんですね。^^

いろんな人に色々言われたりするけど。。。ここでつよきのきつねさんったら
あらぁ~。。そんなことが、、、といいつつ感謝できない方らには冷酷な態度でございます、

ちょっと遠回りがすきな子供達なので、のんびり道草食って。迷って・戻って。でもまた進んでいくうちに、社会適応能力を体験で身に着けていってくれるのだと信じておりますわん^^v

のんびりいきましょう、^^ご一緒に~♪
by: きつね母じゃ * 2012/05/05 17:16 * URL [ 編集] | page top↑
--タイトル--

幼稚園時代の先生、園長先生、お友達のお母さん。

次男君をよく知る人たちの善意はありがたいですね。

やはり生きて生活していく上で、人とかかわらずにはいられないもんね。

次男君は自分の気持ちを上手に言葉でいえますね。

ちゃんとわかってるんだね。すごいなと思います。

こうやって冷静に自己分析できるのも、

次男君の成長+自分を受け入れてくれる人がいればこそですね。


学校へ行くことよりも魅力的なこと。

早く見つかるといいね。

by: yuyuhaya * 2012/05/06 13:50 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: HANA様--

コメントありがとうございます。

本当に良い事も悪い事も積み重ねで変化していきますね。

次男は今まで悪い積み重ねばかりだったので、その何倍も良い経験をしていかなければならないと思いますが、
沢山の思いやりのある方に力を借りながら自信と生きる力を付けていって欲しいと思います。
by: エンジェルキャッチ * 2012/05/10 00:06 * URL [ 編集] | page top↑
--ミリわん様--

いつもコメントをありがとうございます。

> あ。もう一つ。警察の方にも「よろしくね」の一言を言っておくほうが良いんじゃない?不審者じゃないから~って!

そうそう!これが一番心配なんですよね。
もうごめんなさいで済まない年になっていますから。
地域で暮らしていくためには必要な事ですね。
by: エンジェルキャッチ * 2012/05/10 00:12 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: sora様--


> 学校とのことが何かしらの形で決着がついたら、
> きっと、ほんとうに、解き放たれるんだろうなぁ、と思いました。
> でもそれは、なかなか難しいですよね。
> 組織との戦いになるものね。

元はと言えば入学時にもっと学校へ理解と協力をお願いするべきでした。
特別支援学校というプロ集団へ入学させたと言う私の過信が間違いの元でした。
でも、それも良い経験と捕らえ、周りの温かい方たちの力を借りながら良い経験を積み重ねていって欲しいと思います。




by: エンジェルキャッチ * 2012/05/10 00:18 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: 猫亀さん様--


次男が通っていた幼稚園は本当に本当に素敵な幼稚園でした。
カトリックと言う事もあったと思いますが、先生方もご父兄も次男を特別扱いではない支援をしてくれていました。
混合教育の良い部分が沢山あって今でもそれが生きているように思います。

ただ、そればかりに依存してしまうのはちょっと考え物なので、今をきちんと生きられるようにしていかなければならないとも考えています。
by: エンジェルキャッチ * 2012/05/10 00:28 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: きつね母じゃ様--

人との信頼関係を築くと言うのは私たちでも難しいこと。
ましてや創造性に凹がある次男には尚更だと思います。
分かってくれる人ばかりではないですから。

> ちょっと遠回りがすきな子供達なので、のんびり道草食って。迷って・戻って。でもまた進んでいくうちに、社会適応能力を体験で身に着けていってくれるのだと信じておりますわん^^v
>
> のんびりいきましょう、^^ご一緒に~♪

本当に遠回りが好きで困ってしまいます。ww

はい!のんびりいきましょう。 ^^
by: エンジェルキャッチ * 2012/05/10 00:37 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: yuyuhaya様--

> 幼稚園時代の先生、園長先生、お友達のお母さん。
> 次男君をよく知る人たちの善意はありがたいですね。
> やはり生きて生活していく上で、人とかかわらずにはいられないもんね。

人と関わって行くと言うのが発達障害の当事者には一番難しいことかもしれませんね。

> 次男君は自分の気持ちを上手に言葉でいえますね。
> ちゃんとわかってるんだね。すごいなと思います。

ここに来て自分の気持ちを言葉で伝える事が出来るようになって来ました。

> こうやって冷静に自己分析できるのも、
> 次男君の成長+自分を受け入れてくれる人がいればこそですね。

本当にその通りだと思います。
by: エンジェルキャッチ * 2012/05/10 00:58 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/464-6a137563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。