スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
退院しました。
2012 / 03 / 11 ( Sun )
ご報告が遅くなりましたが次男が3/5(月)退院しました。
入院中は沢山の方から励ましのコメントやお気遣いを頂き本当にありがとうございました。

入院当初は私が決断した事が間違っていたのではないかと迷いもありました、トラウマや解離性障害の治療も学校以外の極度のストレスのない場所では起こらないので治療は難しいと言われ、入院の目的を失い暗い気持ちになった事もありました。

でも、毎回Drとの面談を通して色々な発見や気付きがあり又勉強させてもらう事もできたので結果的には入院させて良かったと思っています。
次男は入院は辛かったと言っていましたが…
それでも、最後の方は
『○○グループの**君と仲良くなったぁ』とか
『院内ディの作業が楽しかった』とか言っていましたからそれなりに良い経験になったのではないかと思っています。

こうやって長男がバレンタインに貰ったチョコレートとコーヒーを飲みながらブログの記事を書けるようになったのも私が気持ち的に少し落ち着いてきたからだと思います。 
あっ!チョコレートは彼女からではありません。おばあちゃんからの義理チョコって奴です。ww
2年間運動らしい運動をしていない長男は只今体のメンテナンス中と言う事で、甘いものは避けているようです。(笑)
はっきり言ってオデブになりまして、脂肪→筋肉に変換中です。 

話は脱線しましたが、退院して一週間又元の生活に逆戻りしたのでした。
と言うより違った意味で心配事が増えたような…

今まで抑圧された生活をしていたものだから、あれもやりたいこれもやりたいと気持ちが膨らんで、日中私が仕事でいないのを良い事に、勝手に行動範囲を広げ買い物をしまくり 


先日も全く予想だにしなかった事が起こりまして…

仕事中、虫の知らせか気になってGPSで次男の居場所を確認すると、想いも寄らない場所にいたので次男に即効電話しました。
『今どこに居るの?』って聞いたら
超ビックリしたような次男の声で『**(場所の名前)散歩中』って焦っていて
私はそこで細かい事は言っても仕方がないので、
『約束は守ってください。出かけるときはメールをする事になっているよね』
『散歩はしてもいいから車に気をつけて、早めに家に帰ってください』とだけ言いました。

この場所がね、実は…

退学した特別支援学校の近くだったんです。 

夕方女先生からメールがありまして、案の定学校の門の前でウロウロ誰かが出てくるのを待っていたようです。
幸いにもTちゃんは出てこず、養護の先生が次男を見つけて女先生に連絡してくださったようです。
暫く女先生と話をして、三年生の何人かの子と話をして帰ってきたようです。

女先生から最近の様子を聞かせて欲しいとメールを頂き、次男に聞かれないよう夜の遅い時間に女先生と時間を打ち合わせ、私が買い物に出ると言う口実で外出し少しお話させていただきました。
今でも次男の事を気に掛けてくださって、コーディネーターの先生も何か力になれることがあったらと言っていると…

一人一人の先生方は悪意は無くても学校と言う組織に中にいると自由には動けない事もあるでしょう。
次男に関わった先生方は次男に起こっている事に多少責任を感じておられるような気もします。
でないと退学した者の為にわざわざ授業の調整までして、遠方の病院まで検査の協力をしには来ないような気がします。
親と校長や副校長などの管理職との狭間に立っている先生は大変だなぁと感じます。
確かに個々の先生方のスキルの問題もありますが、それは国全体の問題だとも思いますし…

次男の入院していた病棟のほとんどの子供たちが学校の不適切な対応による二次障害で入院をしていると看護師さんから聞かされた時は、もう個人で学校と戦っている場合じゃないと切実に感じました。
私のように学校と戦える(戦わざるを得なかったんだけど)親の数より泣き寝入りやぐっと我慢している家族の方が多いのではないかと思います。
適切に支援していれば、ならないで済む病気や障害を抱えて、こんなに苦しんでいる子供たちが多くいる現状をもっと国レベルで考えて欲しいなぁと切実に感じました。

あぁ~また話が逸れてしまった!! 

そうそう次男の話に戻りますが、取りあえず厳重注意と言う事で、出かける時は必ずメールをする事を確認しておきました。
どうしても時間を持て余してしまって、毎日お台場に行って良いかとか川崎のラゾーナに行って良いかとか…
一人で行く事はできるけれど一人では行かせられない、でも勝手に行動できてしまうから面倒なんだな (涙)

行きたい理由も自分の誕生日におめでとうのメッセージをくれた人たちにお礼のプレゼントを買いたいからって言う理由だし。
おまけに近所のドラッグストアでカチューシャとかシュシュとか良いの見つけたから買っても良いかって今にも買いそうな勢いだし… 大体どこでカチューシャとかシュシュなんて言葉覚えたんだ!
結局私のお休みの日に一緒に行くって約束したので、昨日の土曜日午後行って来ましたラよゾーナヘ。

午前中は早速個別指導の先生の所で待望のお勉強。
この個別指導の先生も以前記事を書いた事がありますが、次男が小学校2年生からお世話になっている方で昔は特別支援学級の先生だった方。
本当に個々の生徒に合わせた教材を用意してくださって子供の様子を見ながら学習を進めてくださいます。
次男もこの先生と勉強するのが楽しくて、どんな時でも休まずに行っていました。

次男が入院する事になった時も『いつでも次男の時間は空けてあるから来られるようなら連絡して』と言ってくださっていましたし、学校へ行けなくなった時も本来なら隔週の学習を毎週受けさせてくださっていました。
今回も退院した報告の連絡をしたら直ぐに『今週からどうぞ』と言ってくださって、お迎えに行ったら
『顔つきが全く違って表情が明るくなったね。』
『学習中も独り言が全くでなかった。』
『少しやり方を忘れていた問題も少しヒントを与えたらできたし、以前なら違いを指摘されるとイライラしていたけれど今日はちゃんと受け入れられた』と嬉しそうに話してくださいました。

買い物中も人が多くて賑やかなのに、何軒もお店を見て回って納得いくまでプレゼント探しをしていました。
次男の好みはブリブリの可愛い感じ、私とは全く好みが違うので二人の意見をあわせるのが大変でした。ww

今日は、午前中ゆっくり過ごして午後からプレゼントと一緒に渡したいからと言う次男とクッキー作りをしました。
何だかこんな休日は久しぶりです。

まだまだ沢山お話したい事はあるのですが、今日はこの辺で 


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

14 : 30 : 15 | 広汎性発達障害 | トラックバック(0) | コメント(15) | page top↑
<<気持ちの整理をつけるために… | ホーム | 入院91日目>>
コメント
--まずは・・・--

エンジェルキャッチさん おはようございます。

まずは~次男君の退院おめでとうございます(´▽`)
頑張りましたね。
随分と落ち着いている様に感じましたが、今は色々やりたくって
しょうがないのも分かります。

ひとりでどこまでもお出かけできちゃううんだなぁ。
素晴らしい事であり、心配の種でもありますね。
以前の学校に、気持ちがまだ残っているのが、辛いです(´;ω;`)

学習も見てくれる方がいるとの事。
これから、次男君が安心して通える場所が見つかるといいですね。

エンジェルキャッチさんも、前ほどのハードワークじゃない?
心と体を休めて、パワーを充電してくださいな(`・ω・´)
by: だーい・すき * 2012/03/12 09:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

退院おめでとうーーー!次男くん頑張ったね。エンジェルキャッチさんもお疲れさまでした。でも更に心をくだき生活しなければならなくなったね。

私のように介護となると、デイサービスや月に1度はショートステイのようなお泊りで自分の時間を持てるけれど・・・安心して一緒に見てくれるどこかがないのかな~?学校からはずれた後の受け入れ先がなくて引きこもりになる人の割合が北海道は多いのですよ。
by: ミリわん * 2012/03/12 18:16 * URL [ 編集] | page top↑
--羽をのばしてしまったかな。 --

 自由って本当に素敵なことだと思ったかもしれません。次男君の気持を考えると次男君の行動が分かる気がします。でも、お母さん(エンジェルキャッチさん)は大変でしたね。仕事を持ちながら子どもの行動に気を配らなくてはならないのはきついことだと思います。
 ましてや退学した学校の近くに行っていたりすると…次男君の気持ちが切ないですね。でも女先生を始め、個別指導の先生の存在という複数の味方がいることは心強い気がしました。同じ教師として考えてもなかなかできないことだと思うからです。
by: 猫亀さん * 2012/03/12 21:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

退院おめでとうございます。

家にずっと引きこもってるのも心配だけど、出かけられるのも心配。よくわかります。
やっぱり学校に思い入れがあるんだね。
個別学習に通うことで、この思いが解消されるといいなと思うのですが、どうかな?
個別だから学校という認識にはならないかな?

学校の対応が原因の二次障害ってそんなに多いんだ。
でもその原因になった教師は罪に問われるどころか、そんな事実を知ることもないんだろうね。
教師の態度、発言で時には非常に傷ついてしまうことがある。
そしてそれがその子の一生を左右してしまうこともある。
それがわかってない教師が多すぎますね。
それだけ責任の重い職業なんだよね。
何たって相手がものじゃなくて人なんだから。
by: yuyuhaya * 2012/03/12 21:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

退院、おめでとう。
エンジェルキャッチさんも、いろいろ心配して、お疲れ様でした。

さて、これからやね。
どこか、次男君が、通える、集まりとか、会があればいいのになぁ。
一人は、さびしいもの。

by: sora * 2012/03/13 16:47 * URL [ 編集] | page top↑
----

遅くなっちゃいました。
退院おめでとうございます❣❣

今まで入院という規制で我慢していた分、やりたい事がありますよね。

その調整が難しいね。
規制ばかりじゃストレスたまるし、でも心配だし・・・。

二次的障がい・・・・周りの対応次第ですよね。
学校・・・・規制の枠にはめようとしている。
国レベルで・・・・心からそう願いますね。
国会・・・・何やっているんだか・・・・。
国民の為?!
自分たちの為の様な気がします。

次男君の安心して通えるところが見つかると良いね(^^)
by: junmama * 2012/03/14 09:05 * URL [ 編集] | page top↑
----

だいぶゆれたようだけど、大丈夫でしたか?
ほんとにいつまでもよくゆれること。
気持ちが休まりませんね。
どうぞ、気をつけてね。
by: sora * 2012/03/14 22:19 * URL [ 編集] | page top↑
--だーい・すき様--

毎度の事ながらお返事が遅くなってごめんなさい。

次男は元気に過ごしています。
と言うかパワーアップ?しているような…
でも、ご機嫌が良いのでそれだけは救いです。ww
イライラした感じがないので、調子は良いのだと思います。

次のステップに進むためには過去に気持ちを囚われないように安定していられる平日の活動の場所を見つけてあげなければいけないと思っています。

いつもありがとう。
by: エンジェルキャッチ * 2012/03/15 01:36 * URL [ 編集] | page top↑
--ミリわん様--

コメントありがとうございます。
お返事が遅くてごめんなさい。

今私が読んでいる本にも発達障害を持っている人の二次障害からの引きこもりの事が書いてありました。

出来るだけ早くだけれど慎重に平日の次男の居場所探しをしなければと思っています。
by: エンジェルキャッチ * 2012/03/15 01:39 * URL [ 編集] | page top↑
--猫亀さん様--

いつもコメントをありがとうございます。
お返事が遅くてごめんなさい。

自分の子供が大切な時に仕事なんて…と思われる方もいるのではないかと思います。
自分でも時々これでいいのかと考える時もあります。
でも、仕事をしているから次男ときちんと向き合えると言う気もします。
常にずっと一緒にいたら見えない事もはなれている時間があるから見える事もあるので。

一生傍にいてずっと手取り足取りをする事は出来ないと思うので、人様の手を借りながら何とかやって行きたいと思います。

猫亀さんも大変だと思いますが、お互い頑張りすぎずボチボチ行きましょう。
by: エンジェルキャッチ * 2012/03/15 01:44 * URL [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

お元気ですか?
息子さんのご卒業おめでとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。

次男には学校と言うイメージが次男の中で作られているので、辞めてしまった学校もそうですが個別指導は次男の作り上げた学校のイメージとは違うので、なかなか学校へ行くということに対しては満足できないと思います。
個別指導の先生との勉強は大好きなのでずっと続けていけたらと思っていますが…

学校の先生は自分たちの対応が悪くて二次障害が起こっていると言う認識はないと思います。
次男の障害があるから仕方が無いと言うくらいにしか思っていないのでは?
本当に国レベルで教師の質を上げていかないと犠牲者が増えるばかりだと思います。
次男さんは本当に良い先生とめぐり合えてラッキーでしたね。
by: エンジェルキャッチ * 2012/03/15 01:52 * URL [ 編集] | page top↑
--sora様--

コメントありがとうございます。
お返事が遅くてごめんなさい。

障害者のディセンターがもっと沢山あればいいのですが、老人介護のようなディ程は障害者向けのものはまだまだ少ないようです。
学校へ行けない子供や就労できない成人が沢山いるのに、日本はやっぱり障害者福祉が遅れていると思います。

毎日退屈しているみたいで、余計学校に想いが募ってしまうんでしょうね。
早く楽しく過ごせる場所を探してあげたいと思います。

地震東京は大丈夫でした。
ご心配掛けてすみません。
でも、ここの所又頻繁に小さな地震があるので落ち着きません。
あの日からもう一年も経つのにね。
by: エンジェルキャッチ * 2012/03/15 02:00 * URL [ 編集] | page top↑
--junmama様--

コメントありがとうございます。

相変わらずバタバタしていてゆっくりブログを書く暇も皆さんのところにお邪魔する時間もなくてちょっと寂しいです。

今読んでいる杉山登志郎先生の本に場面かん黙のお話が出てきて直ぐに天使君のことが思い浮かびました。
次にブログでお話しようと思っています。

発達障害の人口が増え続けているのにそれに対しての国の対応は遅すぎると思います。
日本の福祉は遅れています。一日も早く動いて欲しいものです。
by: エンジェルキャッチ * 2012/03/15 02:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

退院、おめでとうございます。

次のブログも読みましたが、やはり、行ったのですね。
エンジェルキャッチさんの親としての勘が当たって、
うまく会えて良かった。。。ホントに。

今回のこと、次男君の学校に対する思いの
全て…なのでしょうか。
もし、そうじゃなかったら、時が解決してくれると
ホントはいいですよね…。
次男君の思いが、会った事がなくても、痛い程
伝わって来ますよ。

それと…。
もう、学校や、センターなどに訴えても、ダメなのかな…と
私も思いました。
言われた方も、そんなこと言われても…と
お役所仕事になってしまうからどうしようもない。
この国は、教育と福祉を分けて考えていっているところが
あるように感じます。
だから、青年の凸凹さん達は、困るんだと思います。
国に訴えていくしか、もうないんですよね…。
by: くしゅ * 2012/03/18 18:46 * URL [ 編集] | page top↑
--くしゅ様--

おはようございます。

次男の学校への想いはまだまだ沢山あると思いますが、全てを叶えるのは無理です。
Tちゃんがいる限りこの学校と関わるのはいろいろと難しいと思います。
体育祭にも行きたいといっているので、その前にどこか居場所を見つけたいと思っています。

支援学校と言うものがこんなに機能しないのは、この学校は特別だと思いますが入院している子供たちを見た時に、これは次男は特別なことではないんだと感じました。
国レベルの問題のような気がします。
by: エンジェルキャッチ * 2012/03/19 08:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/458-d7c80b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。