スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
入院6日目
2011 / 12 / 10 ( Sat )
今日は一日どんなふうに過ごしたのかな?
もちろん寂しいのは当然でしょうでど、どうか穏やかな気持ちで一日が終われますように。

昨日のDrとの面談で上がった課題は…

退院後をどうするか。

今の学校に戻るのか他の学校にするのか又は全く別の選択をするのか…

私は学校と言う存在にもうあまりこだわってはいません。
学校と言う集団に囚われて次男を又苦しみの中へ戻すのはしたくないので。

でも、次男は学校へ行きたいと言います。
次男の学校と言うのは多分友達がいるところと言う感覚だと思います。
次男はずっとずっと友達を求めています。
それは幼稚園児時代に経験した普通に笑ったりふざけたりケンカしたり…
そんな普通の生活だと思います。

でも、特別支援学校ではそれは次男には許されませんでした。

今更ですがもし適切な対応をしてもらっていたら、私ももっと学校に分かってもらえるように努力していたら…
本当に今更デスね。

出来るだけ早く退院後の進路を決めないと入院中の復帰プログラムが組めないと言われ、とっても悩んでいます。

今の学校へ戻るのはリスクが高い気がします。
未だに両腕や首に残っている押さえつけられた時の傷。
独り言で『暴力を振るう先生は嫌い』
      『なんで僕がやっていないのにわかってくれないんだ』って言ってるし。
万が一次男が今の学校へ戻ると言っても、きっと学校生活の中でフラッシュバックは起きると思うし。

他の学校を探す…
これもとっても難題。

まず入院暦のある次男を受け入れてくれる学校があるかどうか。
発達障害+二次障害を抱えている次男に適切な対応が出来る学校があるのか。
第一学校と言う場所にストレスを感じている次男に学校と言う場所が適切なのだろうか?

それにお恥ずかしい話だけれど今の学校へ転校するのにも200万ものお金がかかっています。
今年は長男の大学受験もありますし、合格となればそれにも同じくらいのお金が必要です。
又新しい学校となれば次男にもその位のお金が必用になります。
今の我が家にとってそれは非常に厳しいのです。

もっとも次男にそこが是非とも必用となれば何としてでも行かせてあげたいとは思いますが…

でも、もっと次男が次男らしくいられる場所はないのかなぁ~
出来るだけ早く見つけなくては…
もちろん次男の意見もきちんと聞いて。


今、次男からの電話がありました。

随分落ち着いていたように感じました。

幼馴染のK君とH君にお手紙の事伝えたから…って言ったら凄く喜んでくれて嬉しかった。
昨日の面会でクリスマスの事も心配していて、サンタさんはここにいたらプレゼントを持ってこられないから退院しなくちゃって 
今日はサンタさんにお手紙を書いたそうで…(いつまでサンタを信じるんだ!)
それに私に質問をさせてくれる余裕もありました。
今日は何をしたの?って聞いたら『パズル』 『本も読んだ』って。
誰かとお話した?って聞いたら『してない』って。

後ね…

『お肉食べたい』だって www

『外出できるようになったら食べようね!』って言ったら 『うん!』って答えてくれたの。

少しずつ少しずつだけど今の状況を受け入れて前向きに考えてくれると良いなぁ。

そして私は今日一日自分に今できる事…

次男が心を寄せている全ての人にお誕生日のお手紙を書いてもらえないかお願いをしました。

幼稚園の先生、幼馴染の二人のお母さん、メンタルフレンドさん、アート活動の絵本作家さん、バスケにお手伝いに来てくれている学生さん…

皆さん快く引き受けてくださいました。
本当に感謝しかありません。

次男にはこのお誕生日おめでとうのお手紙を読んでもらって一人じゃないって感じて欲しかったの。

幼馴染の二人のママには叱られました。
叱られて泣いたのは子供の時以来です。

なんで一人で頑張るんだって。
なんでもっと早くSOSを出さなかったんだって。
次男も長男も皆自分の子供のように思っているって。
何でも手伝うから遠慮しないで言って欲しいって。

この二人からのメールを読んで涙か止まりませんでした。

次男を今まで育ててきて一番に心してきたのは人様に迷惑をかけない事
多分障害児を抱えたほとんどの人が同じ思いでお子さんを育ててきたんだと思います。
ソーシャルスキルの低い次男はこれがなかなか上手く行きませんでしたが、私だって現にこうやって皆さんに迷惑をかけて生きているんだ。

昨日Drに言われた、今までの障害児教育はいかに凹みを修正するかだったけれど何十年かかってもそれは成功しませんでした。
いくら薬を増やしても症状は抑えられても副作用から他の問題も出てくるし、なんの解決にもならない。

今は障害児自身を変えようとするのではなく周りの環境を整える事が重要と考えられるようになって来た。
次男君に独り言を止めさせるのではなく、独り言を出来る環境を作る。
独り言を出来る場所や時間を与える。
音が苦手なら静かな環境を提供したり音が気にならないような工夫をする。
次男君にはそれが出来ています。
すばらしい事です。
では、ここで何をしたいのか…

解離性障害は入院していると環境が整っているので解離しない事が多く、症状を見ることが出来ないので治療が難しいそうです。
次男の場合学校での解離なので…
又地域でのいじめがあった事によるフラッシュバックも病院では起こらないので…
かと言って地域で生活するにはまだ何も解決していないし…

Drが言う事は今まで私とずっとお世話になっているDrとがやってきた事と同じ。
やってきた事が間違っていはいないと言う事はわかったけれど、ではこの先どうすればいいのか。
入院中にできる事は薬の調整だけ?
長男との良くない関係もお話して…
障害をもった兄弟がいる兄弟児は誰しも通り道と言われた。
これは時間しか解決しないと…
但し今は受験生と言う事もあるので受験が終わるまでは静かな環境を作ると言うのも入院の目的にはなると。
障害の重いお子さんを持つ親御さんの中には学校が長期の休みに入ると子供を入院させる方もいるとか。

トラウマの治療もトラウマは消すことは出来ないので、成功体験で上書きして自信を付けさせるしかないと。
やっぱり今までやってきた事と同じ。

でも、それをではどこでやるのか。
やっぱり退院後の居場所が重要になってきます。
はぁ~又居場所探しをしなければいけないのかぁ~
今の学校を見つけるのも本当に大変だったのに…
でも、やるしかないですね。
頑張ります!次男に負けないように 



最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

20 : 47 : 45 | 広汎性発達障害 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<入院7日目 | ホーム | 入院5日目>>
コメント
----

最近は、忙しくて、読み逃げばかりで、すみません。
でも、いつも気になっています。
エンジェルキャッチさんの姿勢に、いつも私自身が、勇気をもらったり、
励まされています。
いつもありがとう。

幼馴染のママたちの言葉も、ありがたいですね。

ところで、今の学校には、まだ籍があるんですよね?
先生方は、次男君の入院に対して、どういう反応をされていますか?

うちの娘も、支援学校に入学して、最初は色々ありましたが、
ようやく2年と半分過ぎた今、先生方も、娘のことをだいぶ理解してくれ、
こちらの思いもわかってくださるようになりました。

そういえば、地域の中学でも、1年目は、しんどかったかなぁ~?
2年生になってからは、学校や先生方は、色々とよく考えてくれるようになりましたが。

見た目に障害がわかりやすいうちの娘ですら、
理解してもらうためには、かなりの時間を要するので、
(結局、自閉症の特性、○○の特性、と、わかってるつもりでも、障害のある人、ひとりひとり違うから、付き合ってみて、ようやくわかってくるのですよね。)
見た目にわかりにくい次男君の場合は、一般の高校生と付き合ってる先生方には、一層理解しづらい部分はあるのかもしれませんね。

 『なんで僕がやっていないのにわかってくれないんだ』
って言ってる次男君の気持ちを、押さえつけた先生が、受け止めてくれることは、もう無理なのでしょうか?
受け止めてもらっても、もう、今さら遅いのでしょうか?
また、お誕生日のお祝いのメッセージなんかを、先生方や学校のお友達にお願いするのは、よくないことなのでしょうか?

これから先、どこに行っても、わかってくれる人ばかりの環境というのは、やっぱり難しい気がします。
心ある人でも、間違って、次男君の心を傷つけてしまう場合はあると思います。

次男君にも、
『なんで、僕のことをわかってくれないんだ。』
という気持ちから、
『どうやって、僕の気持ちをわかってもらえばいいんだろう?』
というような気持ちの切り替えができるようになるのは、相当しんどいこととは思いますが、それは、次男君にとったら、不可能なことなんでしょうか?

入学前と入学時の様子を読ませていただいた感じでは(実際に学校の様子は知らないので、無責任に書いてますが)、今の学校は、子ども達のことをよく考えてくれている学校に感じました。
まだ、希望が残っているような気がしてならないのですが、
でも、私は、専門家でもないし、次男君や、エンジェルキャッチさんの本当の苦しみも何もわからずに書いています。
全然、的外れなことを書いていたら、ごめんなさい。
by: イムニー * 2011/12/11 14:48 * URL [ 編集] | page top↑
----

エンジェルキャッチさん こんばんは。

考えなくてはならない事が、多い・・・多過ぎです。
今の次男君が落ち着けるように。
退院後の身の振り方。
長男さんの受験。
お金の事。
大丈夫ですか。
でも、親身になってくれるお友達が居てくれて良かったです。
頼れる所は頼って、力を抜けますように。
私に出来る事は、スケートを見に行ける時が来たら、
ご一緒しましょうか?
呑気な応援で、ごめんなさいm(_ _)m
by: だーい・すき * 2011/12/11 21:00 * URL [ 編集] | page top↑
--幼馴染のママたちがいて良かったです。--

 ありがたいですね。とはいえ、他人に迷惑をかけないという気持ちで生きてきたエンジェルキャッチさんの気持もとても分かりますが、孤立無援ではないことを心の片隅に置いていてください。
by: 猫亀さん * 2011/12/11 21:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

退院後の行き場・・・難しいですね。
本当に選択肢が少ない。
お金のこともビックリしました。
そんなにかかるんですね。

周りの環境を整えるということも難しいですよね。
相手があることだから。
周りが受け入れて理解してくれる。
その働きかけをしなければいけない。
それはどうやって?って考えると途方にくれちゃいます。

人様に迷惑をかけないように・・・うちもそうでした。
いや、今でもそうです。
だから中学の同窓会が心配なんですよ。
by: yuyuhaya * 2011/12/11 22:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

人様に迷惑をかけず・・・皆考えているね。でもさ。「迷惑かけるけど、ごめんね」って生きる方が良いかもよ。

フレーフレーって小さくコブシを振っているからね。
by: ミリわん * 2011/12/11 22:56 * URL [ 編集] | page top↑
--イムニー様--

ご無沙汰しています。
私も読み逃げばかりですみません。
いつもイムニーさん大変だなぁ 頑張っているなぁ~って思っていました。

退院後の次男の進路はとても難しいです。
今の学校は発達障害児の専門なんです。
同列の通信制の高校に同時入学したんです。
ですから通信制の普通高校には通う事はなくて発達障害専門の学校の方に通って単位だけもらう事になっていました。

発達障害の専門の研究所を持っている今の学校でも、次男の心の中を見極めるのは難しかったようです。
と言うかそこまで行き着く前に次男がパンクしてしまったと言った方が良いかもしれません。
個々の先生方は一生懸命やってくださっていましたが、果たして横のつながりがあったかと言うと?です。

次男がトラブルを起こして学校を休んでから入院するまで一切連絡もありませんでしたから。

それに次男自身が今の学校に戻って上手くやっていけるか…
やはりフラッシュバックは起きると思いますし、自分の記憶が飛んでいる部分で注意を繰り返し受けているので、先生に対して信頼関係を結ぶのは難しいかと…

なかなか上手く行かないものですね。
あまり時間はありませんが次男の居場所を見つけてみます。
いろいろと心配してくださってありがとう。
ちぃちゃんも毎日穏やかに過ごせるといいですね。
by: エンジェルキャッチ * 2011/12/11 23:02 * URL [ 編集] | page top↑
--だーい・すき様--

こんばんは。
いつもありがとう。
なんでこんな事になったのかなぁ~なんて思ったり、何とかしなくちゃ何とかなるさって思ったり…
私の周りには学校に満足している人が少なくて、だーい・すきさんの次男さんは幸せですね。

呑気な応援大歓迎です。
そう言ってくださるだけで嬉しいです。
いつか本当によろしくお願いします。
by: エンジェルキャッチ * 2011/12/11 23:12 * URL [ 編集] | page top↑
--猫亀さん様--

いつもありがとうございます。

子供たちが幼稚園の時からの家族ぐるみでお付き合いしてきた友達なので、こんな時は本当にありがたい存在です。

だからこそあまり心配をかけたくないと言う気持ちもありました。
でも、今回は甘えてみようと思います。
一人では頑張れない事もあるんですよね。
by: エンジェルキャッチ * 2011/12/11 23:20 * URL [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

こんばんは。

そうなんですよね。
Drにこの話をされた時今まで学校に散々お願いしてきたにもかかわらず協力は得られなかった。
その結果次男は入院をする事になってしまった。
特別支援学校でさえこんななのに、世間の人にわかってもらうのは本当に大変だと思います。
Drの言っている事は理想でそうなればいいけれど、現実問題そうとう難しいかなと…

次男さんの同窓会の事もyuyuhayaさんの気持ちが分かる気がします。
やっぱり時間が経てば他の子はどんどん大人になってますますギャップが出てくるものね。
だけど、次男さんは行きたいのよね。
皆に会いたいのよね。
でも、今の次男さんの最近の様子を読んでいると大丈夫のような気もするけど…
by: エンジェルキャッチ * 2011/12/11 23:28 * URL [ 編集] | page top↑
--ミリわん様--

そのとおりですよね。

「迷惑かけるけど、ごめんね」って生きたほうが良いとは思います。
だけど正確なんですかね、それをするなら一人で頑張っちゃえ!って思っちゃうんですよね。
きっと次男は私に似たのかもしれませんね。
SOSの出し方が下手なんですね。
これからは上手にSOSの出し方を次男と一緒に学びます。
by: エンジェルキャッチ * 2011/12/11 23:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

そっかー。
専門の学校だったんですね・・・

ミリわんさんのおっしゃるように
「迷惑かけるけど、ごめんね」って、
皆が、それを自然に受け止めてくれる社会で、
皆が、それが当たり前にできる社会になるといいのにね。

次男君や、うちの娘みたいな子だけでなく、
きっと大人でも、誰でも、生きやすいはずなのになぁ~。

私は、赤ちゃんの生まれたご家庭へ訪問するお仕事を少しだけしています。
『ひとりでがんばらないでね。』
って、ママになったばかりの人に、伝えてに行くんです。

甘えることが、しんどいこともありますもんね。
だけど、やっぱり、ひとりでがんばらないでくださいね。

by: イムニー * 2011/12/12 08:16 * URL [ 編集] | page top↑
--イムニー様--

>私は、赤ちゃんの生まれたご家庭へ訪問するお仕事を少しだけしています。

素敵なお仕事ですね。
初めてママになった人は不安だらけですものね。
大丈夫っていってくれる人がいるだけで安心するでしょうね。

一人で頑張るから、頑張りすぎるから虐待なんかが起きるのよね。
もっと昔みたいにご近所みんなで子育てすれば凹凸のある子達だって少しは生き易くなると思うのだけれど…

お互い様って気持ちを忘れずにいればみんな幸せになるのにね。
by: エンジェルキャッチ * 2011/12/13 01:21 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/419-a8cb907a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。