スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
長い一日でした。
2011 / 11 / 20 ( Sun )
長い一日でした。

電車とバスに乗って1時間ちょっとを出る前に不安を軽減できるようにリスパタールを一包飲んでいきました。

私は多少イライラを覚悟していたのですが、次男の好きな話をしたり餌を与えて気を紛らわせたりの作戦が上手く行って現地まで穏やかに行く事ができました。 

病院はもうそこが一つの町のようでちょっとビックリ 
ドラマの救命病棟の世界でした。ww

1:30予約だったのですが、初診は手続き等があるので1:00までには来て下さいと言われていました。
事前に病院に通院経験のある方から情報を頂いていたので、お昼前に病院へ着いてそこでお昼を食べる事にしました。

次男と病院のレストランへ 
次男は大好きなカツカレーを頼んだのですが、緊張と不安があったのか半分も食べられず…
強迫性が強くて無理に食べようとするので  をかけて。

いよいよ受付へ。
予約を入れた時点で沢山の資料を送られて来て記入してあったのですが、ここでも記入なければいけない書類があって…
次男の「まだぁ~?」  に焦りつつも受付を済ませました。
ここで20分くらいかかったでしょうか。

そして思春期精神科へ。
ここの受付を済ませるとメッセージが流れる呼び出し機が渡され、館内どこに居ても良いそうで…
昼食をろくに食べていない次男だったので、館内にあるドトールへ。
次男はサンドイッチとモンブラン   私は  
サンドイッチは食べたものの好きな  も半分しか食べませんでした。
やっぱり落ち着かないんですね。

呼び出し機がなって外来へ。
このとき既に2:30 
診察室に入ると…
待っていたのは若くて可愛い女のDrでした。 

緊張で硬くなっているもののDrが次男の心を解きほぐすように次男の気持ちや今までの事を聞いてくださり…
調子に乗った次男は嵐やAKBなどの話まで持ち出して…
それでも嫌な顔もせずちゃんとお話に付き合ってくださいました。
次男は『正しく学校に行きたいです。』
『自分は野獣病なので治したいです。』と本題に入ると涙目で訴えていました。
今までの学校での体験や対応、未だに残っているパニックの時に押さえつけられた際の傷跡などを一々目を丸くして驚かれていました。
特別支援学校へ通いながらこれだけの体験をしている事に本当に絵を描いたようなまん丸の目をして   

一旦次男は診察室から出てもらい、私とDrで話を…
かかりつけのDrからは入院をとの話でしたが、それでよろしいですか?と確認されました。
嫌な経験や思い出は消す事はできず、些細なきっかけでフラッシュバックを起こす事はあるけれど、自己肯定感を沢山上書きする事でフラッシュバックを起こしにくくする事は出来る…とやはりかかりつけのDrと同じ事を言われました。

この医療センターには院内学級もあるのですが、義務教育の中学校までだそうで高校生からは院内にあるデイケアセンターへ通う事もできるそうですが自宅からだと毎日は大変なのでやはり入院をして治療をしましょうという事になりました。
Drは次男の表情をみて緊張もあるとは思うが筋肉の硬直もあると思う。これだけの薬を飲み続けているのだから…と。
これは私も気になっていた事で、食事を吐き出してしまうのも上手く飲み込めない事もあるでしょうし、最近よだれを垂らしてしまったり散歩中に唾を吐き出したりしているのもこれが原因ではないかと感じていました。
かかりつけのDrも副作用が出ていていると思うが、学校で落ち着いて生活するためにはもう少し様子を見ましょうと言っていたところでした。
入院中にこの点も改善できるよう薬の調節もしたいとの事。
次男にはまだ入院をするということは言っていなかったので、Drからお話をしてもらう事に。

外で待っていた次男を呼び入院をして病気を治しましょうとDrが言うと…
『あっ!大丈夫です。もう治ってきていますから…』とちょっと焦った感じで  顔の前で手を振っていました。
私が、『野獣病をきちんと治して学校へ行きたいんでしょ?』
『病院にお泊りして先生にきちんと治してもらおう』
『病気をきちんと治さないとお仕事する人になれないよ』と言うと…
『仕方ないなぁ~。お泊りは1日ですか?2日ですか?』って 
Drは『う~んそれだけじゃ難しいなぁ~』
『入院しても調子がよければ外出もお家に泊まって又病院へ帰ってくる事も出来るよ』『お友達も沢山居るから』と説明してくださって。
次男は『どの位お泊りするんですか?』と聞くと
『80日くらいは考えていて欲しいなぁ~』と言われ…
次男は『え~っと1週間は7日で1ヶ月は30日だから…』と超~~~焦って計算をしているのだけれどパニック気味にいつも出来る計算が出来ず 

病棟はいくつかのブロックに分かれていてそれを○番地と呼んでいるそうで、自閉傾向の強いグループと軽度だけれどちょっと賑やかなグループでDrが次男にはどちらが良いか迷われて…(次男はちょうどその狭間のタイプ)
実際に病棟を次男に見て感想を聞いてから決めましょうという事に…


長くなったので、今日はこの辺で。
続きは又明日お話させていただきます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

02 : 21 : 38 | 広汎性発達障害 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<長い一日でした。続き… | ホーム | いってきます。>>
コメント
----

ここまで読むだけでドキドキしました。エンジェルキャッチさん大丈夫ですか?
by: ミリわん * 2011/11/20 22:12 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2011/11/21 07:53 * [ 編集] | page top↑
--80日・・・--

エンジェルキャッチさん こんばんは。

次男君の緊張感が、伝わって来ました。
「何とか治して、楽しく学校に行きたい。」と言う気持ちが、ひしひしと感じられましたよ。

最低80日・・・ですか。長いです・・・。
でも、食事が苦しくなる程の筋肉の緊張は、とってあげたいですね。
私も、極度のストレス状態だと、飲み込みが悪くなります。(比べられないだろうけれど)

次男君に、穏やかで楽しい時間が戻りますように、お祈りしています。
by: だーい・すき * 2011/11/21 17:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

お疲れ様でした。

80日・・・約3ケ月弱。長いですね。
病院で何か楽しいことが見つかるといいね。
by: yuyuhaya * 2011/11/21 19:37 * URL [ 編集] | page top↑
--ミリわん様--

ドキドキしましたかぁ ww
この日もいろいろと考えさせられた一日でした。
引き出しが一つ増えましたよ。
私は大丈夫です。(^^)
by: エンジェルキャッチ * 2011/11/21 21:37 * URL [ 編集] | page top↑
--鍵コメ様--

心配してくれて本当にありがとう。
話を聞いてくれる人が居るだけで、どんなにか心が軽くなるか…

つくづく私は沢山の人に助けられているなぁと感じます。
by: エンジェルキャッチ * 2011/11/21 21:39 * URL [ 編集] | page top↑
--だーい・すき様--

こんばんは。

誰しも極度の緊張やストレスを感じると体に異変を感じますよね。
次男は薬の副作用も手伝っているので余計食が進まなかったのだと思います。

80日で済めばいいのですが…
でも、将来次男が笑って過ごせるための時間なので、今必用なことなんだと思います。
by: エンジェルキャッチ * 2011/11/21 21:45 * URL [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

80日で済むかどうか…
目に見えない病気だし長い期間をかけて作り上げられたトラウマなので、そう簡単には軽減できないような気がしています。
私は覚悟が出来ているのですが、後は次男がこの状況をきちんと受け止めてくれるかどうかが心配です。
by: エンジェルキャッチ * 2011/11/21 21:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/411-0d5cb624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。