スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
動き出した。
2011 / 07 / 28 ( Thu )
お久しぶりです。
このところ超・超・超~バタバタしておりました。

先日の日曜日、次男と主人と三人で学校見学に行ってきました。
次男の転校先を見つけるためにいろいろと探して資料を取り寄せ検討した結果、私がここならと感じた学校です。

次男に一緒に行くかと聞いたら行きたいと言うので一緒に行くことにしたのですが、当日の朝から緊張と不安とで表情が非常に硬く、ちょっと私も不安だったのですが…

行きの電車の中は朝で混んでいて窮屈だし、いろいろな音もしていてそれが気になったのか大きな声の独り言が始まり、ちょっとイライラ。
乗り換えた電車の中でもそれが続いていて、クールダウンしようと途中で降りた駅で爆発!
私の顔にパンチがヒット(涙)
今私の左頬は DV を受けた人みたいになってます。(笑)
「帰るか」と聞くとそれも止められないというので、腹をくくって目的の学校へ。
こんな事もあろうかと早めに出かけたので、学校の前にはコンビニもあって広場の様になっていたので、そこで飲み物を飲んで少し落ち着きました。

学校へ入ると先生方が明るく出迎えてくださり、次男も学校の中なので緊張しつつも大人しく授業を見学していました。
時間とともに落ち着いてきたのか生徒さんがやっている授業を興味深げに覗いたり、まねをして参加したりしていました。
午後次男はアート活動があるので先に主人と帰り、私は学校説明会に参加しその後個人面談をしてもらいました。
今までの学校での経緯をお話し、できたら2学期からお世話になりたいと…

この学校の説明会は面白かったです。
実際に発達障害を抱えている子供たちがどのように感じているかとか物の見え方とか具体的に体験しながら話が進んで行き、はぁ~納得!!って事が多かったです。
そして、今までの生徒さんたちの例を聞かせてもらったり、この学校の教育方針やこれから学校がやって行こうとしている事など本当に障害児を育てている親として理想の内容でした。
今ここでは長くなるのでこの説明会の内容は後日お話させていただきますが、本当にこれが現実に行われたら次男も幸せになれるだろうなと感じました。

そんな充実した学校見学と説明会を終え帰宅すると…

主人が『帰って早々悪いんだけど… 次男がお向かいの子供を噛んじゃって…』と。
状況を聞くとアート活動から帰って来て家の坂の下まで一緒に来たが、買い物に行くのでそこで別れたと。
家の前で遊んでいたお向かいの子をいきなり噛んだそうで…
お向かいの子と一緒に遊んでいた子が我が家に駆け込んで来て、たまたま居た長男が外に出てみると泣いてるお向かいの子の声で外に出てきたおばあちゃんを気にせず自転車を片付ける次男に長男がぶち切れ、取っ組み合いをしたらしい。
二人とも引っかき傷だらけの顔をしてました。(汗)

長男は部屋に閉じこもっていましたが、『迷惑をかけて悪かったね』と声をかけ少し話をしました。
長男の気持ちを聞いておいた方が良いと思って…
長男は『俺が一番嫌いな人様に迷惑をかけるって事が許せない』と泣いていました。
兄弟児は苦労が多い上に我が家は散々嫌な思いをさせているので、本当に長男には申し訳ないと思います。
もう大人ではあるれど、寝転がって背中を見せて泣いている長男を見て思わず頭をなでていました。

なぜ噛んでしまったのか次男に聞くと、『馬鹿にされたから』との答え。
これは以前も言っていましたが、多分独り言などの傍から見たら奇妙な行動をお向かいの子が悪気なく見ていたのを視線過敏の次男が『馬鹿にしていると』受け取ってしまったのだと思います。
たまたまこの日は学校見学がありストレスがピークでフラッシュバックが起こり衝動的に行動してしまったのだと思います。
すぐに主人がお詫びに伺い留守中のご両親の代わりに対応に出て来たおばあちゃんは『大丈夫だから気にしなくて良い』と言って下さったそうです。
このおばあちゃん以前学校の先生をされていて、小さい頃からの次男の様子を見てなんとなく自閉症だと感じていたそうです。
『又ご両親がお帰りになったらお詫びに伺います』と告げ帰宅し、しばらくすると子供を連れてお父さんがわざわざ来て『もしかしたら自分の子供が何かしたのではないか』と聞いてくださったので、お詫びと次男の状況をお話し『馬鹿にされた』と感じていた事、今後はこのような事がないように注意をしておく事、しばらくは知らん振りをしておいて欲しい事などをお話しました。
お父さんはお友達のお姉さんが自閉症だそうで、お子さんにもその人と同じなんだと説明してくれました。
『大変なのは良く分かっていますから、気にしないでください』とも言って下さって、ありがたい事です。
こちらも『困った事、迷惑に思っている事があったら言って下さい』とお願いしました。

はぁ~散々な一日だった。
でも、次男は見学に行った学校が少し気になり始めていました。

長くなったので、この続きは又明日お話します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

18 : 24 : 25 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<動き出した② | ホーム | 小さい頃から>>
コメント
--おつかれさまです--

次男君も、長男君も、
エンジェルキャッチさんも
しんどかったですね。
お疲れ様です。

何かトラブルを起こすと
本当に大変ですが、
結局、問題が起こるごとに
周りに理解者が増えていくな~
というのを実感しています。

兄弟児は、一番厳しい目を持ってますよね。
うちの長男も、妹に厳しいです。
もちろん愛情も持ってくれているし、
妹をかばってくれることもあるのですが。

学校、2学期からよい形でスタートできるといいですね。
by: イムニー * 2011/07/29 09:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

理解のある人でよかったね。
こういう人は少ないと思います。
心臓が縮む思いをした後だけに、余計に身に沁みたんじゃないでしょうか?
行動を起こしてしまうには、それなりの理由があるんだけどそれを理解してくださいってなかなか言えないよね。

長男君、すごく真面目な子ですね。
責任感が強い。
それだけに次男君の行動が許せないんだ。
親は辛いよね。
両方の気持ちがわかるだけに。
by: yuyuhaya * 2011/07/29 21:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

お向かいの親御さんがどういう態度に出るかドキドキしました。ご近所さんに恵まれていて本当に良かった!ここまで歩み寄ってくれる方ってそうそういないでしょう。その町内で生活するのに大きな味方になってくれますね。

長男くんの辛さ情けなさ無念な気持ちが胸に痛いです。家族は逃げられないから。親と違って兄弟はまだ若いし・・・納得できないことばかりでしょうね。

ご家族皆にとって、新しい学校が良い転機になるように祈っているわ。
by: ミリわん * 2011/07/29 21:47 * URL [ 編集] | page top↑
--イムニー様--

次男にとって新しい学校は二度と失敗できないって言う大きなプレッシャーがあったと思います。
だから緊張感も不安も本当に大きかったのだと思います。
だからと言って人様に迷惑をかけて良い訳ではないので、身内としては注意をしなければならないことも多く次男にとっては自分を理解してもらえないと受け取ってしまうのでしょう。
本当にややこしい思考回路です。

長男は今までずっと我慢し続けてきているので、次男の行動が我慢ならないのだと思います。
お向かいのご家族には感謝の気持ちでいっぱいです。
転校をきっかけに良い方向に向いてくれると良いのですが。
by: エンジェルキャッチ * 2011/07/29 22:35 * URL [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

お向かいのご家族には本当に申し訳なく感謝の気持ちでいっぱいです。
今日もおばあさんに会ったのでお詫びをしたのですが、『ここまで良く育ててきましたね』と言って頂きました。
こんな言葉をかけてくださる方はなかなかいないと思います。
ありがたいです。

長男は次男に本当に厳しくて長男の気持ちも良く分かるだけに今回はなんと声をかけて良いのか言葉が見つかりませんでした。
もう少し気持ちのゆとりがあると違った見方ができると思うのですが…
by: エンジェルキャッチ * 2011/07/29 22:41 * URL [ 編集] | page top↑
--ミリわん様--

本当にお向かいのご家族には感謝の気持ちでいっぱいです。
我が家が引越しをしてきた時からおばあさんにはよく声をかけて頂いていていました。
今日もお会いしたのでお詫びをしたら『よくここまで育ててきたわね。大変だったでしょ?』と暖かい声をかけてくださいました。
本当にありがたいことです。
これに甘える事無く次男の為にも社会性の凹を埋めて行ってあげたいと思います。

長男は融通が利かないほどの堅物なので次男のマナーの悪さとか許せないみたいです。
頭では障害があると分かっていても気持ちの部分で許せないのでしょう。
どちらの気持ちも状態も分かるのでお互いかわいそうです。
by: エンジェルキャッチ * 2011/07/29 22:50 * URL [ 編集] | page top↑
--拍手コメントの皆様--

兄弟児は多かれ少なかれ我慢を強いられ、悔しい気持ちや恥ずかしい気持ち等体験してきていると思います。家庭環境で多少違うのでしょうが自分の気持ちを押し殺して生きてきてるのだと思います。
これもいつかは乗り越えて受け入れていかなければならない事だと思いますが、今が一番辛い時、今回の事は本当に長男の性格を考えても許しがたかったと思います。
きっと時間が解決してくれると信じています。
コメントありがとうございました。
by: エンジェルキャッチ * 2011/07/29 22:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/386-7511b9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。