スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ビンゴ!!
2011 / 07 / 04 ( Mon )
予想通り学校からの報告は7月から増えるはずだった給食や授業は無しに。
それどころか今まで参加していた部活も参加できない事になり、2学期に行われる都立支援学校球技大会も参加は出来ないと言う事でした。

理由として…

次男が希望している体育の授業へ参加したらを学年の教員、担任で想定してみたが、いろいろ考えながらも(仲直りが出来ると信じて)Tちゃんへの気持ちが強いと感じる。
従って、同じ空間いれば…
※Tちゃんに向かう。(質問だけでなく、今まであった胸を突くや頬ずりするなども心配)去年の夏の話
※それに対して教員が制止する
※それに対して体育祭や女先生にした攻撃的な行動が止められないのでは?それが結局次男のストレスになる。

体育に出ていたとしても今回のようなことは起こっただろうと言うのが学校としての見解。
女先生を噛んだのも自分がしたい事を邪魔されたからと言っていたので、次男にこれ以上失敗体験をさせない為にも、時間、場所を区切っての参加が望ましいとの事。

我慢しなければいけない事が次男にとってのストレス(お母さんが言ういじめ・囚人以下の扱い)となっていても、それが学校と言う場所で過ごすルール。
今まで少しづつステップアップしてきたグループの授業での姿はいろいろな教員から『成長した』と評価されている。
Drが言っていた『低いハードル』『達成できる目標』を作ってそれを達成して成功体験としたい。

部活動について…

学校の部活動としての位置づけとして
※一斉指導で周りとあわせて行動できる。
※どんなメンバーがいても落ち着いてゲームに参加できる。
※勝手な行動をすれば注意をされる。

これが出来て部活動に参加できること。
教育課程外の活動なので、順番からすればやはりもう少し安心して学年の授業に落ち着いて参加できるようになってからと言うのも学校の基本の考えである。
体育祭以降何回か参加した中で、次男の様子を見てきた顧問や指導に当たる教員、校長の考えとして上記の条件の中で次男が部活動に参加すること試合に出場する事は難しい。
 
昨年度の試合中に相手チームのホームインを阻止した事、注意されて『邪魔された』と感じそれを『仕返し』と言って攻撃してしまったような所も学校としては重く受け止めています。

これが学校から帰ってきた決定事項です。

これだけ見ると最もだと思う内容ですが、次男がここまでに至った背景は全く無視されています。
次男がこれだけのストレスを感じなければならない状況を作った原因を学校は全く忘れています。
体育の授業の件に関しても、私は話し合いと称した会で、次男も解離性障害と言う二次障害を起こさなければならなくなった原因は学校の対応によるものなのだから、次男も被害者だ。
従って次男だけが授業を受けられないと言うのは公平感をもてない。
週に一度でも良いので、Tちゃんと交替で授業を受けさせて欲しいとお願いをしたが、スルーされた。

結局手が出る、迷惑をかける=学校の評価が落ちると言う事に対して次男の行動・存在は迷惑と言う事だと思う。
問題行動の原因より問題行動そのものの方が学校には重要なんだと思う。

お陰で迷いも無く学校探しの決心がついた。

次男にも新しい学校へ移ってきちんと授業を受けて、きちんと行事にも参加してお友達と楽しく過ごそうと伝えた。
次男の気持ちもきちんと仲直りが出来ていないという部分でひっかっているものの、徐々に新しい学校へと向いてきてくれているし、いつTちゃん問題が解決するか(多分解決はしない)わからない状態で、次男を我慢させるのはもう限界。

今晩、気になる事を言っていたし…
『お前は屑だ!ろくな人間にはなれないと先生が言った』って。
流石にスキルの無い学校の先生でも、こんな事を生徒に言う訳はないと思う。
多分、多分だけれど…
幻聴。
だとしたら、Drの言う危険な状態が来ていると思うの。
だから、急いで今の環境から開放してあげないと取り返しのつかない事に成りかねない。

早速、第一候補の学校へ今週私が見学に行って感触が良ければ、土曜日の体験授業を受けようと思っている。
もちろん今回は次男にも話をして。
次男が笑って過ごせる学校探しがんばります!!


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

23 : 58 : 52 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<何が違うのでしょう? | ホーム | いやぁ~な予感>>
コメント
----

何だかいろんな事が学校の都合のいいように解釈されてるような・・・
ただ、おチビもそうだったけど、理由はどうあれ手を出した方が悪くなってしまう傾向はありますね。

このままじゃ、進展のないまま卒業を迎えてしまう。
時間に限りがあるもんね。
どうか、次男君が楽しい学校生活を送れますように。
by: yuyuhaya * 2011/07/05 20:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

「これだけ」見るとホントもっもとらしいけど…。
私は、ずっとここに訪れて読んでましたが、やはり、少しは期待していたんですよね。
学校も、ここは少しは保身の為に歩み寄りもあるのではないか…と。
それなのに、Dr.のアドバイスによる「低いハードル」「目標」ってどこにっ??
確か、1年生の時、次男君のお友達か先輩方かの男女交際に対しても、不思議な行き過ぎ対応がありましたよね。今回の次男君のことには、プラス保護者の要望が大きいから…。
それに去年からずっとわけの分からない理由で抑えられて。続いたら、大人でも、爆発するでしょ…と思うのですが。

まずは、見学。良い感触を得られるといいですね。
次男君の回復、祈ってます。
by: くしゅ * 2011/07/05 22:21 * URL [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

そう!その通りなんですよね。
理由はなんにせよ手を出す方が悪い。
手を出す事がいいこととは決して思っていないけれど、今までの経緯があるので…
でも、文句を言ったところで今の状況を変える気がないということなので、それならこちらが変わるしかないんですよね。

>このままじゃ、進展のないまま卒業を迎えてしまう。
時間に限りがあるもんね。

私もここが一番の気がかりなので、早いうちに手を打ちたいと思っています。
by: エンジェルキャッチ * 2011/07/05 23:42 * URL [ 編集] | page top↑
--くしゅ様--

昔の記事まで良く覚えていらっしゃいますね。
そうなんです!
この学校に限ってなのかどうか分かりませんが、私の周りの親には理解しがたい対応が沢山あって…

ここは特別支援学校なんだって事をお忘れではないかと疑いたくなるような日々の対応です。
もう今更ああだこうだと言っても腹が立つだけなので、こちらが動くしかないと思っています。
by: エンジェルキャッチ * 2011/07/05 23:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/379-9c5f077b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。