スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
体育祭成功プロジェクト
2011 / 05 / 21 ( Sat )
長い一日が終わりました。

最初にご報告。

プロジェクトの結果は…

失敗に終わりました。

今回の事で又いろいろと考えさせられる事があって結果は残念だったけど、やらなくてはいけない事が明確に見えたので落ち込んではいません。

今日の体育祭に至るまで、女先生やDrともいろいろと相談して参加の方法を決めてきましたが、学校と私やDrとの次男に対して何が大切か…と言う着眼点が少し違っていたと思います。

学校は如何に他人を傷つける事無く無事に一日を終えられるかで、次男の自信に繋がるし充実感を味わえると考えているようです。

その考えの下に組み立てられた今回の参加方法。

集団の中ではストレスが強く出るだろうと、開会式が始まる頃に登校し開会式の最中に着替えや女先生とのミーティング。
応援席の中には入らず用具係りとして用具倉庫の横に机といすが置いてあり常にそこに待機。
もちろん女先生やのっぽ先生、用具係りの先生が傍についています。

参加する競技も次男の出番の直前に競技の輪に入り次男の番が終わったら速攻で用具置き場の次男の場所に移動といった感じ。

同級生や仲の良い先輩の中には居られず、それでも次男は体育祭に参加できる事で我慢していました。

最初に出された参加案は、午前の競技が終わったら下校と言うものでした。
その案を見てDrも私もそれでは学校の一員として見てもらっていない、学校から排除されたと次男は感じるから午後も参加できるようにして欲しいとお願いし、女先生が学校と話し合って出てきた案は校庭の見える教室から見学ならOKと言うものでした。

女先生は次男君に話したら『それでも良い』と言ったので…とおっしゃったので、
私は『それは下校するよりはマシって事だと思います。』
『みんなと一緒に体育祭に参加したと言う充実感を感じる為には最初と最後が大切だと思うので、開会式と閉会式には参加させた方が後々の事を考えると良いと思います』と答えました。

女先生も分ってくださって又学校へ話を持って行ってくださり、閉会式には参加できる事になりましたが、やはり場所は用具置き場で皆とは離れた場所でした。

この一連の参加の方法は私には少し違う気がしていて、Drとも話したのですが学校側も学校側なりにいろいろ考えて参加案を考えてくれているし、今までだったら参加自体も遠慮して欲しいと言いそうな所をこちらの意見も随分と取り入れてくれているので、満足と言う所までは行かないけれどこれ以上言うのも…難しい所だけれどもこれから先の事を考えると上手くやって行きたいしねと言う事になりました。

ただ、今日の様子を見ているとやはり次男は納得が行っていないと言うか随分気持ちを抑えていたように思いました。
それでも午前中はまだ競技に参加したり用具係りとして準備を手伝ったりしていたので良かったのですが…

昼食になって見学の部屋として与えられた音楽室に入り昼食を摂った後、『みんなと話がしたい』と言い出し様子を見に来てくれた女先生にも繰り返し訴えていました。

午後の競技が始まってますます外に出たがっている次男を見て女先生もピアノを弾いてくれたり、次男の好きなアニメの話をしたり、次男の好きな卒業生を呼んでくれたりといろいろとやってくれたのですが、次男の気持ちが治まる訳ではありません。
女先生もそれは分っていらしたので午前中と同じような対応が出来ないか主任の先生に聞いてくれました。
管理職と話し合った結果、最後の競技のリレーからグランドに下りて見学する事になりました。

しかし、この時には既に次男の我慢の限界が来ていたのだと思います。
リレーや閉会式の最初の頃までは良かったのですが、結果発表で得点が出された時、次男の場所からはその得点が全く見えない場所だったので、得点を見に行こうとして止められたのがきっかけでイライラしている様子が遠目でも分りました。
直ぐに次男の近くに行ってリスパタールの液体を飲ませ落ち着かせたのですが、その後係りの紹介で用具係りの皆が前に並んだ時に次男もその列に並ぼうと動き始めた所をのっぽ先生に止められ、それがきっかけで爆発してしまいました。

制止を振り切って前に出ようとしたので、私が次男を止めて『用具係りとしてみんなと一緒に紹介されたかったんだよね』と言ってその時は一旦落ち着いたのですが、噴出した感情を抑えることができなかったんだと思います。
生徒が退場し始めた時又前に出ようとして先生方に止められ静止に入った先生を押し倒したり叩いたり、机を蹴飛ばしたりと暴れてしまいました。

主人が次男に声をかけると『落ち着かないとナ』ってちゃんと分かっていたし、次男と同じタイプのバスケでも一緒のS君も次男の所によって来て『我慢しろ、自分が損するぞ!!』っていつも自分が言われている事を言ってくれたのだけれど、それも冷静にちゃんと聞いていました。
ただ、先生の言葉だけは受け入れられなかったようです。

久しぶりにあれだけのキレ方を見てよほど悔しかったんだと思います。
学校は体育祭に参加できれば満足するだろうと思っていたのでしょうが、私が心配していた通り皆と同じに参加する、人に認められると言う事が次男の求めていたものだったんだと思います。
確かにストレスを受けやすい次男なので、全く皆と同じと言うのは難しいかったと思いますが、基本的には皆の輪の中にいて、その時々の様子でクールダウンしたり参加を止めたりして欲しいと言う私からの希望がもし叶えられていたら…
結果論でしかないのですがここまで崩れる事は無かったのではないかと…

帰りの道々、次男は『ねぇ どうしたらイライラしなくなるの?』と聞いてきました。
私は『次男は良くがんばっていたよ。』
『だけど結果発表の時に先生に一言得点を見に行きたいですって言っていたら良かったねぇ』
『そうしたら先生も次男を止めたりしなかったと思うよ』
『先生は次男を助けてくれる為に傍にいるんだから、これからは困った事思っている事があったらきちんと言葉で伝えようね。』と話しました。

次男の事ですから今日の記憶は又蓄積されてしまいます。
現に今もイライラした事を引きずって自分を責めています。
夕方女先生にメールをしていました。
[こんばんは。もうイライラしていません。殴ってすみませんでした。来年は短距離走頑張ります。綱引きに勝ちたいです。応援合戦に仮面ライダーキバで踊りたいです。リレーに出たいです。これからは困った事があったら先生に話します]

今までと違う所は、前を向いている事。
『皆に認めてもらいたかったんだ』
『先生はおれの事を分ってくれないんだ』って言葉にできるようになった事。

この一年で随分大人になりました。
後は気持ちのコントロールが出来るようになる事。
私とDr以外にも自分の気持ちをきちんと伝えられるようになる事ができたらもっと目標の楽しくで日々が送れる様になると思います。

もしかしたらせっかく6月から受けられる授業が増える予定だったのですが、又一からやり直しになるかもしれませんが、私は私の役目として今以上に次男の気持ちの代弁と次男の心の安定を図って行こうと思います。

応援をしてくださった皆さんには良い報告が出来ずごめんなさい。
でも、今日の事を読んで誰かのお役に立てたら、何かのヒントになったら…
それはそれで、今回の事も無駄ではなかったと思いたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

22 : 04 : 25 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
<<次男の名誉のために… | ホーム | 行ってきます!!>>
コメント
--No title--

次男君頑張ってたよね。
我慢に我慢を重ねて耐え切れず切れてしまった・・・誰よりも次男君自身が一番落ち込んでいるんでしょうね。

何かあったら・・・確かにそうかもしれないけれど・・・・
もう少し皆の中でいられる方法を考えてくれても・・・
係紹介くらいよかったんじゃなかったのかな?
自分を認めてもらいたいって気持ちは誰しもあるよね。

次男君が必要以上に引きずらないといいなぁ。
by: yuyuhaya * 2011/05/21 22:28 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

う~ん残念です。とても・・・

でも解ってもらう為にはこちらは冷静に伝えるしかないよね。親も熱くなって損するのは息子くんなんだから。

もう次のやることが見えてきたなんてエンジェルキャッチさんはスゴイお母さんだなってつくづく思ったわ!
by: ミリわん * 2011/05/22 01:25 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

辛いですね。

学校の対応、一番大事な「生徒を信じる」と言うことが出来てませんね。

次男君もエンジェルキャッチ さんも前向きで尊敬します。
by: バクパパ * 2011/05/22 07:35 * URL [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

私も学校に遠慮があったのでそれは反省しています。
今回の参加案は次男の為と言う配慮だったのですが次男の気持ちを無視したものだったと感じます。
障害があっても自尊心はあるので、そこをきちんと見て行かないといけないなと思うので、学校にはその辺を伝えて協力してもらおうと思っています。
by: エンジェルキャッチ * 2011/05/22 10:04 * URL [ 編集] | page top↑
--ミリわん様--

学校と親との駆け引きは難しいです。
学校には学校の立場があり親には親の想いがあるので…
只、一番大切なのは子供が中心に居なければならないと言う事。
大人の事情を優先してはいけないと言う事だと思います。
今回はそこが少し欠けていたと言うか配慮が足りなかったと言う事だと思うので、親としてそれを学校に伝えて行きたいと思います。
by: エンジェルキャッチ * 2011/05/22 10:07 * URL [ 編集] | page top↑
--バクパパ様--

生徒を信じるって大切だと思います。
それは余程自信がないと出来ないことです。
学校は学校なりに考えて組み立ててくれた計画だと思いますが、次男の気持ちには寄り添っていなかったと言う事がこの結果だったと思います。
次男が上手く説明できない本当の気持ちを次男の代弁者としてきちんと学校に伝えて行こうと思います。
by: エンジェルキャッチ * 2011/05/22 10:10 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

みんなと一緒にいたい。という気持ちが次男君のなかではあったのでしょうね。
それを静止されては悔しい気持ちが出てくるように思います。

我が家の息子は同級生にも気にかけて気にかけてくれることが多く今のところは落ち着いています。
by: ばっちゃん * 2011/05/22 20:50 * URL [ 編集] | page top↑
--ばっちゃん様--

発達障害があるとは言え友達を求める気持ちや自尊心は健常の子と同じです。
学校は次男の為と思ってやった事でも次男には苦痛でしかなかったのでしょう。

息子さんはお友達にも恵まれているんですね。
それは一番幸せな事だと思います。
by: エンジェルキャッチ * 2011/05/22 22:59 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2011/05/23 15:30 * [ 編集] | page top↑
--お久しぶりです。--

ほんとに、学校って、なんなんだろうね。
ため息出てしまいます。

いい先生に出会えても、まだまだ先は長いんですね。

でも、前に進むしかないですもんね。
いつもいっぱい考えてられて、
丁寧に対応されていて、ほんとに頭が下がる思いです。

次男君もえらかったね。
by: イムニー * 2011/05/23 16:24 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

お疲れ様です、運動会こちらと同じ日だったんですね。
せっかく、いい感じのお話が続いていたのに・・・残念です。
もっともっと、次男君の事、次男君の気持ちを知ってほしいね。
この対応に学校側は疑問を感じないのでしょうか・・・・支援ではないよね。
エンジェルキャッチさん、強いなぁ・・って思います。次男君、頑張ろうね!。
by: fightmama * 2011/05/23 18:03 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

 次男君、頑張ったのにね。きっとエンジェルキャッチさんが次男君をここまで理解していることが伝わると思います。頑張ったねと言ってあげて下さいね。
by: 猫亀さん * 2011/05/23 21:08 * URL [ 編集] | page top↑
--鍵コメE様--

はじめまして。
貴重な体験談をお話くださりありがとうございました。
by: エンジェルキャッチ * 2011/05/23 21:38 * URL [ 編集] | page top↑
--イムニー様--

お久しぶりです。
本当にね。
学校には学校の親には親の考えや立場があるので難しいですね。
根っこの部分は皆子供の為にって所は同じなのに。
担任の先生が熱心なのが救いです。
今諦めるわけには行かないので、前を向いていくしかないんです。
親なら誰しもやっている事ですから。
いつも見守ってくれて、又ちぃちゃんの事に本当によく頑張っているイムニーさんを私こそ頭の下がる思いで見ています。
お互い頑張りましょう!
by: エンジェルキャッチ * 2011/05/23 21:51 * URL [ 編集] | page top↑
--fightmama様--

体育祭同じ日だったんですね。
お疲れ様でした。
次男は次男なりに頑張ったんですよ!
しっかりやりたいって気持ちが強いだけに悔しい気持ちも大きかったんでしょうね。
私は強くないですよ。
結構凹みましたから ^^;
でも、ここで立ち止まるわけには行かないんです。
次男の頑張りに応えるためにも、次男に学校や友達と過ごす事が楽しい事を教えてあげなければならないので。
きっとどの親も同じ立場だったら同じことをしていると思いますよ。
by: エンジェルキャッチ * 2011/05/23 21:56 * URL [ 編集] | page top↑
--猫亀さん様--

次男に気持ちが伝わっていると良いのですが… ^^^
私はいつも頑張ったねって伝えようと努力はしていますが、Drは学校の事は学校でしか解決できないし、先生や友達から出ないと次男の気持ちは納得・満足できないのだと言われました。
だからこそ次男の変わりに次男の気持ちを代弁していかなくてはならないと思っています。
by: エンジェルキャッチ * 2011/05/23 22:01 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

ものごとって、かならず、
三歩進んで二歩下がるんですよね。
一歩一歩進んでは行かないの。
必ず、下がるときがあって、でもまた、
jかならず進むのね。
だから、大丈夫(*^_^*)とは思うのだけれど・・・

ただ・・・次男君の気持ちだけが心配ね。
次男君にとって、下がることはしんどいだろうもの。
でも、 エンジェルキャッチさんがいるから、
大丈夫ね。信頼してる。
by: sora * 2011/05/23 22:49 * URL [ 編集] | page top↑
--長文ですみません--

体育祭、すごく、頑張ったのですね。
お父さんやお友達の声が、ちゃんと耳に届いたのですね。すごいです。

先生に止められた時…、やはり、先生(学校)に対して、色々な気持ちを訴えてたんだよな…と
私も息子と重なりグッと来ました。
それと、周りが、見えていたことで、体育祭後が心配でしたが、前向き発言があったこと。
成長したんだな…と、励みにもなりました。

次男君の女先生へのメール…。
私が、先生に転校を勧められた日の後、そんなことも知らずに息子は、
「先生は、僕の事ちゃんと見ていてくれた」と言ったそうです。
だから、何だか、勝手に重ねてしまいました。
認められたいという強い気持ち…
最初は、もっと解放されたらいいな…と考えていたんですが…。
記憶の部分で、私 実は、理解してなかったな。

学校は、生徒が沢山います。
その中で、親がいかにして、子供の気持ちを代弁し、また、
方針をうまく一緒に考え一致させるかの難しさも感じます。
でも、やるしかない…
と、私もまた、PTA役員を引き受けて、ちょくちょく顔出す事にしました。

いつも、エンジェルキャッチさんのブログで、気付きが多いです。

また、お互いふぁいとです。
by: くしゅ * 2011/05/23 23:27 * URL [ 編集] | page top↑
--sora様--

本当に、なかなか真っ直ぐに前には進みませんねぇ~。
あっちにぶつかり、こっちにぶつかりして痛い思いをしながら前に進んで行くものなんですねぇ~。
でも、止まったり後退したりしているようで、きっと1ミリづつでも進んでいると思ってやっていくしかないんだと思います。
次男はまだ、16歳。
先は長いから諦めずに頑張ります。
by: エンジェルキャッチ * 2011/05/24 23:04 * URL [ 編集] | page top↑
--くしゅ様--

くしゅさんも息子さんも苦しい思いをされているんですね。
このところ調子が良かっただけに、今回の事は残念でなりませんが、反面心のどこかで覚悟は出来ていたように思います。
だから、落ち込む事もなく次を見ることができているんだと思います。
次男もこの一年のつらい思いを乗り越えてきているから、前を向いていられるんだと思います。
学校って何なんだろうと思う事もあるけれど、きっとこれが社会なんだろうなぁ。
外に出ればもっと厳しい現実が待っているのかもしれない。
だから今沢山の経験をして辛い事も受け止めて乗り越える力を次男につけてあげたいと思います。
by: エンジェルキャッチ * 2011/05/24 23:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/363-5db49589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。