スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
幸せだと思う時
2011 / 02 / 05 ( Sat )
昨日次男がお世話になっている介護事業所のコーディネーターさんから仕事中にメールが…
次男のかかりつけのDrは新規受付はしているか?と…

メールでは長くなりそうなので、電話をすると…

沖縄から引越しをして来た方のお子さんが重度の自閉症で、回りに理解を得られず相談に行った行政の対応でお母様が傷ついていると…
本人もだけれどお母様の支援も必要で、次男のDrがとても良い感じなので出来るなら診てもらいたいと。

確かに次男のDrなら子供はもちろんの事お母様も支えてくださる事は間違いないのだけれど、Drは次男の通っている療育センターの発達診を受けていないと受診ができないし、Drは木曜日の精神科の日のみご自分の病院から通ってきている非常勤のDrなのでちょっと難しいかもという事で、他の精神科の先生を紹介しました。

この先生は次男の通っている特別支援学校の校医でもあり、先輩のお母さんからも評判は良いのです。
コーディネーターさんもこのDrをご存知でしたが、初診まで3カ月待ちとか 

取り敢えず次男のかかっているDrが開業されている病院の連絡先を教えて電話を切りましたが、何だかずっと気になってしまって… 

一日ずっと頭の隅っこにこの話が残っていて、気になって気になって…
別に知り合いでもないし、コーディネーターさんの仕事ではあるけれど、只でさえ障害児を抱えていて大変なのに、遠い沖縄から引越ししてきてお母様だって心細いでしょうに 

随分迷ったけれど夜コーディネーターさんにメールをしました。
次男が今かかっている療育センターで処方できない薬を出していただいている大学病院のT医師は以前療育センターの院長だった事、その医師は発達障害専門である事、待ち時間は覚悟の上なら予約無しでも診てくれる事、その大学病院には精神科もある事、T医師から精神科へ紹介をしてもらったらどうかと言う事等など。

越権行為だということは十分承知の上。
でも、放っておけなかったの。

数日前の新聞記事。
この記事 を読んでいたから…

この記事のお母さんもきっと孤独だったのではないかと思うし、他人事ではないと感じたから。
気持ちが良く分るから。

亡くなったお子さんは本当に可哀想だしこの解決の方法は間違っていると思うし残念な思い出いっぱいだけれど、私はこのお母さんを責める気にはなれなくて…
子供に手をかけてしまったお母さんはもちろんの事、ご主人だって支援していた団体の方だって自分を責めているだろうと思うと切ないよね。

実は身近にもこんな事件が起こった事があるから…

こんな事件を知る度に何とかならなかったのかと思うし、自分には沢山支えてくれる人がいるなぁ~と…
そう思える事は幸せな事だなぁ~と感じるのです。

障害に甘えるわけではないけれど、同じ思いをしているもの同士助け合って行ける、当事者同士だけでなくもっと発達障害と言う目には見えない障害を受け入れてくれる社会になってほしいなぁと思う今日この頃です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

11 : 10 : 37 | 広汎性発達障害 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<泣きそうになった事二連発 | ホーム | お世話になりました。>>
コメント
--No title--

放っては置けない気持ちわかりますよ。
私も相談されるとついついおせっかいかな?と思いつつも肩入れしてしまいますね。
記事の方も読みました。
まず子どもの障害を受け入れる事が第一歩だと思うんだけどそこでもうつまずいちゃったんだね。
同じような仲間と知り合っていれば・・・と残念です。
きっと沖縄の方はうれしいと思いますよ。
母親の方のフォローも大切だと私も思います。
同じ悩みを共有できるのはやはり同じ体験をしてきた人たちだと思うので、助け合っていけるといいよね。
by: yuyuhaya * 2011/02/06 20:45 * URL [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

自分が辛かった時とか苦しい思いをした時の事は多分一生忘れられないと思うの。
その時の事を思うとやっぱり同じような思いをしている人がいると知ったら知らないふりはどうしても出来ませんよね。
もしかしたらその人にとってはお節介なのかもしれないけれど、後で後悔するような事になるのは嫌だから…
こんな時こそ仲間って大切だなぁ~と感じます。
by: エンジェルキャッチ * 2011/02/06 22:36 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

子育てが辛い。解りますよね・・・長い長いこれからの人生。どうしたらいいのだろうと・・・

支えてくれる人がたくさんいたら、なんとかなるものなのに。発達障害の子供を育てているお母さんたちからも定型発達の子のお母さんたちからも、そして学校、医療、行政からも、みんな、みんな必要な支えてくれる人達。

自分のことでいっぱいになるけれど、私もそっと誰かの背中を押す気持ちを忘れずに生きていきたい。
by: ミリわん * 2011/02/07 00:49 * URL [ 編集] | page top↑
--ミリわん様--

心を病んでしまう人はそれだけ一生懸命と言う事なのでしょう。
心に少しでも隙間があったら、他人の言葉も入る余地があると思うのだけれど。
人に頼ることも大切なことだと思います。

みんなで支え合って行けたら楽しい事だって沢山あるのに。

目の前に困っている人がいたら、迷わず手を差し伸べられる自分でありたいです。
by: エンジェルキャッチ * 2011/02/08 00:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/333-8ed9fd17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。