スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
凄い!このプロ意識。
2011 / 01 / 20 ( Thu )
今日は次男のDr受診日。
先週、予約を入れようとしたら、一杯で…
看護師さんがDrに『先生次男君予約一杯で入らないんですけど』って声をかけたら。
『一番最後に入れておいて』って。
時間外ってことです。

次男の通っている療育センターは精神科のDrは次男を診てくれているDrだけ。
このDrは自分のクリニックを持っていて、毎週木曜日の午後のみこのセンターに通って来ています。
だから、いつも予約が一杯で…
それなのに毎回次男には二枠取ってくれています。
女先生が来てくれるので。

今日も、文化祭に向けてどのように次男に支援するかのたたき台を女先生が作って来て、それをDrに見てもらってアドバイスをもらう事になっていました。

私は時間外だしできるだけ手短にと思っていたのですが…

今日の次男は午前中ヘルパーさんと公園にサッカーをしに出かけ一緒にお昼を食べて来ました。
文化祭も出られる事になって、超ハイテンション。
サンタさんからもらったデジカメで撮った写真を見せたり、学校の様子を聞かれて『バッチリです!』とポーズをとってみたり、終いには歌まで歌っちゃって…
私は内心次男に早く終わってくれ!と思っていましたが、Drはいつもと変わらず楽しそうに次男の話を聞き、褒めアドバイスし…
そして女先生の作ってきた支援案を見て助言をしたり、本当にありがたいです。

話が終わった後次男と女先生が待合室で話をしている間に、私が先週ある事でDrの感想を聞きたくて渡していた資料について聞いてみました。

そのある事とは…

学校に行けない次男に何か居場所を作ってあげたくていろいろと調べた結果、2つ候補があってその資料をDrに先週目を通して頂いて感想を聞かせて貰えないかと頼んでおいたのです。

1つはある大学病院の精神科が行っている認知機能訓練で料理や創作・パソコンなどを取り入れたカリキュラムになっています。
そしてもう一つはある大学の心理臨床センターが行っている広汎性発達障害の子ども向けグループプログラム。
この事については又後日詳しくお話しますね。

私は只、この取り組みを次男にさせる事がDrの治療に支障が無いか、次男にとって良いことなのかどうかの感想を聞きたかっただけなのですが…

Drはわざわざ大学病院に電話をしていろいろと聞いてくださったそうです。
私はそこまでしてくださるとは思ってもみなかったのでビックリ!
おまけに大学病院の案内を見ると、認知機能訓練に参加するとなると外来は現在の病院からこの大学病院に移ってもらうと書いてあったのです。
だから、Drから離れなくてはいけなくなるって事だったから迷ってもいたのです。
次男が幼稚園の頃からずっと診て来てくれたDr、次男が信頼をしているDrなので果たしてこれが良いことなのかどうかも悩みどころでしたし…

それなのにDrは自らこの大学病院に電話をして次男の状態を話し、この認知機能訓練に次男が向いているかどうかを考えてくださっていたのです。

全て次男の為に…

診療時間以外も患者の為必要と判断すれば動く。
なかなかできる事ではないと思います。
患者は次男だけではないのに。

大学病院の方はDrがあちらのDrと話し合った結果、認知機能訓練の対象が次男の症状や状態とは少し外れているので、残念ながらNGとなりましたがそれで良かったと思っています。
今のDrが最高!!って改めて気づかされたから。

心理臨床センターが行っている広汎性発達障害の子ども向けグループプログラムの方は内容は次男にとってとても良いと思うので、後は対象年齢(同じくらいの年齢のグループがあるか)と雰囲気を調べてみると言ってくださったのですが、たまたま次男のメンタルフレンドさんがこの大学の心理学部を卒業していることもあって、メンタルフレンドさんに話を聞く事になりました。

こうやって次男には沢山沢山最強のサポーターがいるんだなぁ~
そして、このプロ意識の高いDrに傍にいてもらえるだけで、100人力です!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

11 : 58 : 35 | 広汎性発達障害 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<一番の… | ホーム | み~つけた!!>>
コメント
----

ほんとにいい先生って、いるんですねぇ(*^_^*)
そのかたに出会えたこと、
次男君の縁もありますが、
エンジェルキャッチさんの努力が大きいんだと思います。

私ねぇ、恥ずかしいことに、
今頃気付いたんですよ。
このブログの名前「いつかきっと」に込められた
願いを。
ほんとにいい名前です(*^_^*)
by: sora * 2011/01/21 17:00 * URL [ 編集] | page top↑
--sora様--

こんばんは。Hiiiiiii(^ー^)ノ

>ほんとにいい先生って、いるんですねぇ(*^_^*)

はい!本当に素敵なDrです。
若い頃は障害児学級の先生をなさっていて、その子達の困り感を助けてあげたいと勉強をし直してお医者さんになったと言う凄い方なんです。
だから、学校との問題では現場の事を良く分かっていて的確なアドバイスをくださいます。
次男が中学校の時には直接学校に出向いて先生方にアドバイスもして下さったんですよ。


私ねぇ、恥ずかしいことに、
今頃気付いたんですよ。
このブログの名前「いつかきっと」に込められた
願いを。
ほんとにいい名前です(*^_^*)

ありがとう。
いろいろな思いが込められています。
もちろん次男の事もだけど、私の欲望も… (^◇^;)

by: エンジェルキャッチ * 2011/01/21 22:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

うんうんいいね!!
男先生にこの気持ちの10分の1でもあればねぇ。

でも、本当に頭が下がりますね。
自分の仕事に誇りを持ってる。
心強いですね。
エンジェルキャッチさんの一生懸命な姿勢が人を惹きつけてるんだと思いますよ。

早くもっと長く学校にいられるようになるといいね。
by: yuyuhaya * 2011/01/22 22:08 * URL [ 編集] | page top↑
----

障害児教育の教師、医師が親の横に並んで、一緒の方向を見てくれる。なんて力強い!どんな困難があっても乗り越えていけそう。

こんなお話を聞くと本当に嬉しくなります。またこれがブログの素晴らしいところだとつくづく思ったのよ。
by: ミリわん * 2011/01/22 22:20 * URL [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

Drは次男の幼稚園の頃からの成長を見続けて下さっているし、今までのずっと続いている学校での不適切な対応を知っているので、放っておけないのかもしれませんね。

次男だけでなく他の患者さんもやはり学校の事では適切な対応を受けていない方が多いようです。
『薬の力では解決しない』を口癖のようにおっしゃっています。
本当に心強い味方です。
by: エンジェルキャッチ * 2011/01/23 11:38 * URL [ 編集] | page top↑
--ミリわん様--

本当にありがたいです。
人は一人では頑張れない事をつくづく感じます。

私もブログを始めた時はこんなにもブログに力があるとは思ってもいませんでした。
勇気や力、情報の共有…
使い方によっては人を傷つけてしまう事もあるから気を付けないとと肝に銘じて続けて行きたいと思っています。
by: エンジェルキャッチ * 2011/01/23 11:45 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/328-c90eda3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。