スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ご近所さん問題その後
2010 / 11 / 14 ( Sun )
ご近所さん?  の問題で4月に学校に相談してから早半年。
進展は… 

この半年の間に私も何度かトラブルの直後とかに遭遇していじめは間違いがないと確信はしているのですが、現場を目撃したり、からかっている相手の顔をはっきりと見ていないのでなかななはっきりとした証拠がつかめず…
次男の話も説明が上手くないので多分こう言うことだろう…位の事しか分からず 

でも、このままではいけないなぁ~と焦ってみたり 

春にの時点で最初に学校に相談した時、相手の学校(長男が通っていた学校なんです。)から電話があり事情を直接説明し、中心人物であろうご近所さんの事も伝えていました。
電話の相手の先生は長男が中学生の時の学年主任、副校長も次男の中学校の主幹でこの中学校に副校長として移動してきた先生で、次男の事も良くご存知でしたので、話は通りやすかったのですが…

9月の末と10月の頭に続けて又トラブルがあったので、次男の学校にその後この問題はどうなったのかと聞いてみました。(途中経過は報告が無かったので…)

その話をしてから2週間ほどしてから相手の学校の副校長から電話があり、問題の子が特定できないので一般的な指導しか出来ないと…
中心人物らしいと言うご近所さんの事は詳しく伝えてあるし、もう半年近く経っているのに進展なしですか 
私がどうなっているのか聞かなかったらそのままだったのかな?

先方は次男が直接生徒の顔を見て『この子です。』と言ってもらえると早く指導できると言うのだけれど…
解離性障害になった原因の一つにこのいじめもあるので、直接会うと言うのはストレスが大きいかなと思い『ドクターに相談してから』と伝えました。
この時次男の解離性障害の事もその原因がこのいじめにもあると言う事も伝えました。

ドクターに相談すると直接会うのは危険との事。 やっぱりねぇ~
そこで集合写真を借りてきて自宅で次男に見てもらう事はどうかと訊ねたら、『犯人が特定できないと指導できないという事なら仕方が無いけれど、無理はしないように』と条件付でOKが出ました。

その事を相手の学校に伝え早速集合写真を借りてきたのですが…
(個人情報の問題があり、極秘でと言う条件付で)
次男が落ち着いている時を見計らって次男に写真を見せました。
次男は…

写真を見るなり小刻みに手が震え体が硬くなっているのが直ぐ分かりました。
私が『止める?』と聞いたら『大丈夫』と言ったのですが、やはり集中して見られないと言うか思考が働かないと言う感じだったので犯人は特定できず…

次の日次男が『もう一度見てみる』と言って中心人物と数人の怪しい子達を指差してくれました。

早速次の日その写真返却し次男が示した子達の名前を学校に報告しました。
次男の様子、中心人物はハッキリしましたが、そのほかの子達は怪しいと言う程度なので、疑いのあるお子さんを傷つける事の無い様配慮を、又問題のある子にも問題を起こすには必ず背景があるので話を良く聞いてあげて欲しい事、途中経過を報告して欲しい事をお願いしました。

数日たって返ってきた結果は…
中心人物とされた子が三者面談があったので、面談の後保護者と一緒に話をしましたが次男の顔は知っているけどやった記憶はないと…
本人がそう言う以上どうしようもないとの事 

確かに確たる証拠がない以上仕方が無いのかなとも思うけど…
その後も調査は続けますとの事だったので…

その日お風呂に入りながらいろいろと考えて…
個人的に指導が出来ないならいっそのこと学校全体に効果的な指導を…
発達障害がどう言う物なのか、どのように見えたり聞こえたり感じたりして、どうのような行動をとるのか一般的な事しか伝えられないけれど、知ってもらったらどうだろう?
君たちには不思議で面白い行動も、発達障害の子達には生きていくための必要な事何だと…
不思議な行動を面白がってからかった為に地域で生き難くなっている子もいるんだと…
お手紙にして学校全体でホームルームにでも先生が指導してくれないかなと…

その話を先日のDrの日に女先生にお話したら、
『普通の学校の先生もわかっていない人がほとんどだから、先生方の為にも良いかもしれませんね』
『コーディネーターは地域の学校にも巡廻しているので、その機会を使って直接コーディネーターが全校生徒に話をするのも良いかもしれません』
『お手紙だと捨てられちゃったらお終いですもんね』
『早速学校に帰ったらコーディネーターに話してみます』と言ってくれました。

学校と言うのは難しい。
あっちにもこっちにも気を使わなくてはならないらしい。
当たり前の事だけれど…
中心人物が分かっていながら解決にこんなに時間がかかるとは…

次男のストレス元を一つでも減らして行かなければ解離性障害の治療も先に進まないのですが、こればかりは相手のあることなので仕方がないかな… 
まぁどうなるのか分かりませんが、もう暫く解決には時間がかかりそうです。 


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

12 : 34 : 02 | 広汎性発達障害 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
<<牛歩のようだけれど(苦笑) | ホーム | ひぇ~~&ばんざ~い!!>>
コメント
--No title--

そうか、まだ解決してなかったんですね。

おチビの通う中学が素行の悪い中学だからかもしれないけれど、何か苦情がくると、先生がすぐに学級写真を持ってきてどの子か特定するそうです。
半年も経ってたらなかなか難しいよね。
それにしても、その中学の誰かにいじめられてるのは確かなのに、どこか人事のような中学の態度はどうなの?
まさか在校生じゃないからいいとか、障害児だからしかたないなんて思ってないよね?
by: yuyuhaya * 2010/11/14 19:58 * URL [ 編集] | page top↑
--すっきりしない対応--

「この子です」って言ってくれれば・・・
と言っていた中学校なのに、結局は本人が記憶にないと言ってるから指導できない訳ですよね。
半年以上たってその対応では胸が詰まります。。
コーディネーターさんのお力、期待できそう!
プリントづくりなどは大変だと思います。でもどうか 少しでもいい方向へ話が動きますように…
by: 道路地図 * 2010/11/14 23:28 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

コーディネーターの先生が話すのもいいかもしれませんが、生徒さんらには、エンジェルキャッチさんが、直接お話しされた方が、子ども達の心に響くと思いますよ~

一般的な事を伝えるよりも、うちの子の場合ということで、次男君のことをそのまま伝えてわかってもらったらいいんじゃないか?って思います。
いじめた人を責めることではなく、わかってもらうために真剣に伝えると、思春期の多感な子だからこそ、素直に伝わると思うんですが。
by: イムニー * 2010/11/15 20:40 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/11/15 22:02 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/11/15 22:43 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/11/16 00:08 * [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

>そうか、まだ解決してなかったんですね。

そうなんですよ。(涙)
と言うか、現在進行形という感じです。
未だにからかいとか続いているので…

学校も証拠がないとなかなか対応が難しいようです。
学校自ら動くと言う感じは無いですね、残念ながら。
by: エンジェルキャッチ * 2010/11/16 21:32 * URL [ 編集] | page top↑
--道路地図様--

私たちの住んでいる地域には本当に何人も次男のような発達障害の子がいるので、もしかしたら被害にあっているのは次男だけではないかもしれません。
そう思うと、次男の事をきっかけに発達障害について考えてもらう良い機会に出来たらと言う思いもあります。
一回指導すればOKということではないと思いますが、何もしないより待っているだけよりまだマシなのかなぁ~と思っています。
by: エンジェルキャッチ * 2010/11/16 21:37 * URL [ 編集] | page top↑
--イムニー様--

確かにそうかもしれませんね。
ただ、なかなか一個人の為に時間を割いてもらうのは難しいと思います。
それだったら学校対学校の方が話が進みやすいかと…
私たちが住んでいる地域には発達障害の子が多く住んでいるので、その子達の為にもこの話を進めていって欲しいと思っています。
by: エンジェルキャッチ * 2010/11/16 21:41 * URL [ 編集] | page top↑
--鍵コメ T様--

ご丁寧にありがとうございます。
 
お互い焦らずですね。
ゆっくり行きましょう!
by: エンジェルキャッチ * 2010/11/16 21:46 * URL [ 編集] | page top↑
--鍵コメ K様--

コメントありがとうございます。

相手のあることなので、なかなか難しいです。
相手の子達も何か抱えているかもしれませんし… 

できれば大事にならないうちに解決したと思っていますが。

by: エンジェルキャッチ * 2010/11/16 21:53 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/11/22 12:00 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/11/23 00:37 * [ 編集] | page top↑
--No title--

三者面談でいきなり、その話題は、学校側も配慮が足りないと思います。
子供だって、いきなり親の前で、そんな事聞かれても、バカ正直に答える子供は少ないのではないのでしょうか・・・

お手紙にして、障がいへの理解を深めるという方法は私もやった事があります。

子供から、どんな風に見えているのか分からないのですから、親にどのように伝わっているのか不安でしたから

それをきっかけに、理解しようとして下さる方々が声を掛けて下さるようになりました。

勿論、全ての保護者の方々が理解して下さった訳ではないとはお思いますが、きっかけを作りたかったのです。

その後、クラスの子供達へも私から話す時間を作って頂きました。
当時2年生の子供達への説明・・・
難しく話してもまだ理解できない年齢ともあって内容には苦労しましたが
子供達の反応は想像以上に変わってきました^^

参観日の懇談の時間に時間を頂き、クラスのお母様方へもお話させて頂きました。
あの時は、さすがに緊張と伝えたい想いが涙となってあふれ出し、体もガタガタ震え・・・
でも理解して応援して下さっていた何人かのお母さん方が、しっかりフォロ-して下さったり、頑張れ!!と背中をさすって下さったり・・・
助けられました。
その直後、今まで理解してくれなかった、あるお母様が、泣きながら私の所へ来て下さいました。
「ごめんなさいい、誤解してた」って。
嬉しかったなぁ・・・

きっと、何かよい方法が見つかりますよ。
by: buruman * 2010/11/23 02:27 * URL [ 編集] | page top↑
--buruman様--

お久しぶりです。
くぅちゃんはじめ皆さんお元気ですか?
コメントありがとうございます。

今の子供たちは満たされていないのかなぁ~なんて思っちゃいます。
人をからかったり馬鹿にしたりして自分たちのストレスを発散する事しか出来ないのかなぁ~なんて…
それも集団で。
最近出来るだけ次男と一緒に外出するようにしているのですが、親の私が付いているにも拘らず平気で面白がってからかっている所を見かけました。
何だか怒るより不思議な感じがしました。
幼いなぁ~と。
学校も学校で指導力不足なのか、世の中のいろいろな事件に振り回されているのか、さっぱり進展が見られず自分で動くしかないのかなぁ~と。
ただ、小学校ならまだしも中学校ともなれば親の参加意識も薄く、もっと自分の子供に対して関心をもってほしいなぁ~と思います。
中学校が荒れてきているのは親の無関心と言う事も大きいように感じます。
by: エンジェルキャッチ * 2010/11/23 11:25 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/11/24 10:00 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/310-2e3108e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。