スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
いい教師に出会うのは宝くじに当たるようなもの?
2010 / 08 / 24 ( Tue )
昨日  特別支援を考える に対して沢山の方からコメントを頂いてありがとうございました。

皆さんからのコメントを読みながらいろいろと考えてみたの。
やっぱり学校や教師に対して疑問に思っている方は多いのだと…
このままで良い訳無いなって 

中には本当に素敵な先生もいますよ。
実際我が子たちのお世話になった先生の中でも忘れられない先生も居ますから。
でも、それは数えるくらい少人数。 
いい先生に当たるって宝くじに当たるようなもんじゃないかと思うくらい…

そう考えると次男はくじ運が悪い 

小1(普通級)ベテランの女性の先生。一生懸命に次男の事を考えて一緒にがんばろうってしてくれていたけれど、管理職に抑えられてしまった。この時の校長が一生忘れられないほど最悪な奴。『次男が居る事でクラスの子供たちの学習権が奪われる』と言われた  『じゃぁ最初から受け入れるなよ!!家の子の学習権はないんですか?』と言いたかった。
リタリンを飲んでいたら、『どこの誰が出したのか知らないけど子供にこんな麻薬みたいな薬を飲ませて』っても言われた。
『親が子供に手を出すから子供も友達に手を出すようになる』と教頭にも言われた。
こんな無理解な(分かろうとする気持ちは微塵も無い)校長がいたらこの学校にいてもいい事は何一つもないなと思って支援級に転校した。

支援級に移って最初の2年間は幸せな2年間だったけど、その後が…
なぜか毎日のように学校でビデオを見ていて、(  だの  だの)
ここは保育園じゃないのよ!!って思ったけど、勉強は家庭でフォローすればいいや、ここは社会性やコミュニケーション能力をつける場所と割り切って通わせていた。
4年になったら普通級から自分で希望して来たと言う男性の先生。
噂では前任校で学級崩壊を起こしてきたと聞いた。
丁寧な口調で親の意見もハイハイって聞くけど中身が無い。
勉強していたようだけど相当的外れで、『えぇ~それはやめてよぉ~』って事ばかり。
この先生何人の子供を壊したんだろう?
他の学校に転校した子もいたなぁ 
5・6年はもっと最悪。
超ベテランでずっと心障学級をやってきていて前任の校長が自慢げに自分が連れてきたと言っていたけど、
保護者からは不満続出で新しく変わった校長とその先生と話し合いを持った時、校長から『今、あなたの資質が問われているのよ!』って言わしめた人。
保護者の事をアンタ呼ばわりしたり、連絡帳は他の人のものと間違えて記入したり渡したり…
校長に怒られても  って舌を出しちゃうような人だった。
次男たちが卒業した次の年定年したけど、その後自費出版で詩集を出したからと送りつけてきた。
いったいどんな神経をしているのか、みんな呆れていたなぁ~ 

中学校は…
1~2年の担任は一生懸命だったけど、真面目すぎて次男には苦痛だった。
そしてご存知のように3年の担任は最悪。
今の男先生とは全く逆のタイプ。
ヘラヘラ、いつも笑ってる感じ。
やる気なしの生活のために支援級の先生をやっている人。
支援の支の字も当てはまらないような、『何故あなたはここにいるんですか?』と聞きたいくらいだった。
結果次男は追い詰められて、教室の窓から飛び降りようとまでしたんだから。 

こう考えると本当に次男はハズレくじを引いてしまったみたい 
お蔭様で学校や先生に対してのトラウマ、いくつもの二次障害… 

先生たちは自分で教師という職業を選んだのでしょ?
障害児教育を選んだのでしょ?
だったらもっとプロ意識を持ちましょうよ 
障害を持っていたって学ぶ権利は等しくあるのです。
楽しく学校に通う権利はあるのです。
子供達や保護者に担任を選ぶ権利がないのなら、せめて子供たちを苦しめるような事だけはしないで欲しい。

正直言ってこんな奴らに (あら失礼、品が無いは私)自分たちの血税が支払われているかと思うと腹が立ちます。 
もっと教師の質を上げるためには…
ちょっと考えてみたのですが、このお話の続きはまた明日 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

00 : 49 : 39 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<私の勝手な妄想(構想) | ホーム | 特別支援を考える>>
コメント
----

先月出掛けた講演会で、講演者の方が、大きな声では言えないが…と前置きして話されたことがありました。
「教師というのは、そうなるために学んで、教育するというスキルを身につけた人たちがなるんだけど、その分、難しさを抱える子たちのことを理解しづらい」「先生ひとりひとりの価値観や教育方法に子供たちが振り回されてはならない」って。
逆に、大きな声で言って欲しいって思いました。

それにしても次男君、こんなに辛い思いをしてるのに、もっともっと…って頑張ってるんですね。。。
by: HANA * 2010/08/24 11:06 * URL [ 編集] | page top↑
--HANA様--

講演会とかやってくれる障害を専門にされてる方は今の学校の実態をなってないと思っているのでしょうが、現場には届いていないのが残念です。

次男は躓きながらもがんばっていると思います。
私ならこんなにがんばれるかな?
只、頑張り過ぎてしまうから、様子を見てストップしてあげないと(苦笑)
by: エンジェルキャッチ * 2010/08/24 20:05 * URL [ 編集] | page top↑
--怒り爆発しましたね。--

 どんどん発言して世に問うて下さい。とても必要なことです。
by: 茶目太 * 2010/08/24 22:57 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

何だか、とてつもなくハズレだったんですね・・次男君。今までホントによく頑張ってこられましたよ、エンジェルキャッチさんもずーっと不安や怒りを抱えながら頑張ってこられたんだなぁ・・・。
うちの子達はきっと1等や特賞はないけど3等くらいの当たりだったのかも。
たまにハズレもあったかな。
by: fightmama * 2010/08/24 23:32 * URL [ 編集] | page top↑
--茶目太様--

世間の人たちがどのくらいこのブログを見ていてくれるか分かりませんが、少しずつでも特別支援の現状を知って欲しいと思っています。
by: エンジェルキャッチ * 2010/08/25 22:53 * URL [ 編集] | page top↑
--fightmama様--

良くもまぁこんなにハズレがと言うほどでした。
普段の行いが悪いからかな? ^^:

もうあまり期待はしていないけど、苦しめる事だけはして欲しくないです。
その為にも煩い親になってでも学校には伝えるべき事は伝えていこうと思っています。
by: エンジェルキャッチ * 2010/08/25 22:57 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

一度、息子が「大ハズレ」な幼稚園の先生にあたった時には
心理的要因か息子の体重が減り 私のウツのきっかけとなり
家庭内がめちゃくちゃになったことがありました。
その先生が理由で 2カ月で幼稚園をやめて保育園に行きました。
でも、そこまでひどかったのは一人だけ。

エンジェルキャッチさん、つらいですよね。
次男君は、もっともっとつらいのでしょうね。
先生が変わるたびに 期待をしてたけど落とされた…の続きですものね。
明るい未来のために、突き進もう!
by: 道路地図 * 2010/08/26 01:14 * URL [ 編集] | page top↑
--道路地図様--

幼稚園のときが天国だったので、入学当時は奈落の底に突き落とされたような気分でした。
長男が通っていた小学校だったので、まさかこんなひどい事になるとは夢にも思っていませんでした。
結局障害を持っているという事は厄介物にされるんだなと…
約半年で転校しましたが、結局どこに行っても同じ事だと身を持って知って、逃げてばかりいられないと…
母は強しと言うか強くならざるを得なかった ^^;
家はもう残り少ない学校生活だけど、
ここでこんな記事ばかり書いているのも、いろんな人にこういうこともあるんだと知って欲しいから。
読む側によって受け取りかたは違うと思いますが、
何かの参考になればいいかなと思っています。
by: エンジェルキャッチ * 2010/08/26 01:36 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/277-26d94838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。