スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
同じ気持ち
2010 / 06 / 25 ( Fri )
仕事中、一本の  が。
[話したいことがあるので、時間のあるときに電話をください]
同じ支援学校に通っているHちゃんママでした。
Hちゃんは小学校の時同じ支援学級に居た自閉症の女の子。
中学校は支援学級と支援学校に分かれてしまったけど、年に何回かランチや  をする仲です。

昼休みに電話をすると…

次男君最近どぉ?
朝、最近遅いみたいだけど…
声や視線は合わせないようにしているけど、少し元気がないような気がして…
いろいろな人に次男君の事聞いてちょっと心配で…
ママは大丈夫?
と気遣いの電話。 

実はね、うちのHも入学以来いろいろあって、乱れてしまって沢山の人に迷惑をかけているの。
毎日のように手が出ちゃってねぇ~
Hの事も学校の対応が?????って事が多くて話し合いに行っても平行線で…
あまりにも分かっていないから教育庁に相談しに行くって言ったらそれはちょっと待ってくださいって言われちゃった。
物凄く体面を気にしているって感じだったって。 

次男君が怪我をさせたTちゃんの事もたたいたりして
だから次男君ママの気持ちよく分かるんだ…
Tちゃんママに謝ったら、次男君ママの話も出て、
一度話がしたいって言ってたよ。
私も一緒に付き合うから話してみたら?とありがたいお誘い。

Hちゃんの入学からの状況とその事について、Hちゃんママが学校にしたお願いやそれに対しての学校の返事、対応がまるで私が学校に対して言っていること返って来た返事や対応と全く同じだったことにビックリ 

親の私たちは子供たちが学校生活が落ち着いて出来る為にどうしたらいいのかを主張し、学校は集団の中でいろいろな体験を通して成長して欲しいと主張する。
でも、私たちは、集団の中でいろいろな体験を通して成長する為にはまずは心の安定が最優先されるべきで、全員が同じやり方では今の自分の子供たちには負担が大きすぎるし無理があると思う。
何かが起こってから対応するのではそれを修正するのには大変な労力がいるし子供にとって決して良い方法ではない。

親が言っている事は親の我がまま、只のクレーム。
医者が言っている事は信じる。
言っている事は同じなのに…

 何から何まで我が家と一緒。
って事は学校全体としてちょっと  な感じ 

でも、このママの偉い所は自分の子供の事だけではなく、この学校は学区域で決められているのだからいろんな障害いろいろなレベルの子達が集まって来るわけだから、50人が50人とも同じ対応とは行かない。
自分たちが声を上げて少しでもこれからこの学校に入ってくる子供たちの為にも改善してもらえるように言い続けるしかないと…

ねっ!!心強い仲間が増えました。
同じ思いをしているママがいました。
そう思うと気が楽になりました。

今週一週間次男は頑張りました。 
その頑張りは私が一番知っています。

今日の夕方の次男は明るかったです。
寝つきも良かったです。
きっと開放感なんでしょうね。

休日、楽しく過ごして又来週一緒に頑張ろうね。 


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

23 : 10 : 47 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<最後の夏、それぞれの道 | ホーム | 教えてください。>>
コメント
--NoTitle--

分かってくれる仲間がいるって、救われた気持ちになりますよね~。
自分ひとりじゃない!そんな気持ちになります。
心強いですね。
同じように嫌な思いをして、そして学校側に対しても不信感を抱いて・・・。こんな思いを自分だけで考える事は、切なく、どうにかなりそうなぐらいですもの。今の私がそうでした。
仲間がいる事、宝ですね。
少しでも子供達が生活しやすいように、学校に訴えて行って下さい!
応援してますよ!
by: junmama * 2010/06/26 17:38 * URL [ 編集] | page top↑
--junmama様--

今の学校の状況はとても特別支援とは言いがたい状況なのです。
校区で決められている学校ということはさまざまなタイプの子供が通っているわけで、それを皆同じ対応というのは子供たちが可愛そうな気がします。
今まで一人で不安でしたが、仲の良いママが同じ事で悩んでいたと知って、心強く思っています。
junmamaさんも大変でしょうが、頑張っている子供のためにお互いがんばりましょうね。
by: エンジェルキャッチ * 2010/06/26 20:41 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

わかってくれるお仲間がいてよかったです。
どこの学校でもそうですが、
学校の体面なんかよりも、
一人ひとりの子どもを大事にして欲しいですね。小学校と違って、中学校の頃は、みんな一番複雑な頃ですもの。みんな同じに、なんて一番できない頃だし、また、してはいけない頃だと思うんです。全体を見ながらも、一人ひとりを大事にする力量を、先生に求めるのは、今の時代は難しいのかもしれません。でも、あきらめたら終わりですかららね。人間を信じたいです。
よい休日をお過ごしください(*^_^*)
心の栄養補給は大事ですから。
by: sora♫ * 2010/06/26 23:12 * URL [ 編集] | page top↑
--sora♫ 様--

特別支援学校とは言っても、なかなか個々に合わせた対応は難しいようです。
特に高校の単独校で、卒後のことがあり先生方も一年からそれを視野に入れての指導なので、焦っているように感じます。
学校の外部評価を気にしているようです。
今回の件ではいろいろと心配してくださってありがとうございます。
こうやって気にかけてくださる方が沢山いることに心強く思います。
by: エンジェルキャッチ * 2010/06/26 23:27 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

学区ごとに支援学校があるのはすばらしいけど、障害の種類も程度もばらばらの子が一緒に学ぶというのは難しいですね。
愛知県でも次男が通っていた学校を含む3校以外の支援学校もバラバラみたいです。

支援学校の先生と言えども、障害について専門の知識を持ってるわけではないですね。
それは次男の学校も一緒でした。
それがマイナスばかりとは思わないけど、やはり基本的な知識は頭に入れて欲しいですよね。

今回はTちゃんのお母さんのクレームに学校が振り回され、にエンジェルキャッチさんがとばっちりを受けてる感じがします。
もう少し学校側が責任を持って毅然と対処してほしいですよね。
周りの評価を気にするなんてもってのほか。
こちらは障害を持った子をすがる気持ちで預けてるのに、子供の事を考えないで対面を気にしてるなんて本当に腹が立ちます。

わかりあえる友達がいてよかったですね。
きっとこれからもずっとお互いの存在が大事なものになると思いますよ。
大切にしてくださいね。
by: yuyuhaya * 2010/06/27 20:48 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

土日は楽しく過ごせたかな?
学校はギリギリの所で責任逃れ?・・・の様に感じます。
でも、仲良しママが声をかけてくださってよかった、心強いですよね。
個別の支援計画なんかがあると思うので、今回の様な事の支援をお願いするといいかもしれません・・・先生も逃げないように・・。
今週は何か良いことがあるといいなぁ、このまま夏休みは迎えたくないですよね。
by: fightmama * 2010/06/27 21:01 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

同じ思いをしている仲間というか、お互い背中を支える仲間がいると頑張るチカラがわいてくるね。

すぐ横にいないけど、声をかけられないけど、遠くで次男君頑張れと念を送っているおばさんもいるからね。
by: ミリわん * 2010/06/27 22:26 * URL [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

Hちゃんは少し重い自閉症の女の子なのですが、クラスは重い子のクラスではないので、余計崩れてしまっている感じです。
学校が子供たちのことをどのように受け止めているのかがポイントだと思います。
困っていると感じているか、問題行動だけに目が行っているか…
学校は八方美人的な感じがして…
Tちゃんのお母さんもこのはっきりしない学校の対応に腹を立てているのかもしれませんね。
by: エンジェルキャッチ * 2010/06/28 08:13 * URL [ 編集] | page top↑
--fightmama様--

個別支援計画は既に出来上がっています。
計画は立てても実行しないとね。(涙)
その実行の方法が????って感じだし。
土日の次男はあかるかったですよ!
今朝はどんより顔でしたが^^;
by: エンジェルキャッチ * 2010/06/28 08:16 * URL [ 編集] | page top↑
--ミリわん様--

ありがとうございます。

北海道からのパワーは強力なので、きっと乗り切ってみせます!!
by: エンジェルキャッチ * 2010/06/28 08:18 * URL [ 編集] | page top↑
--集団生活--

善くも悪くも集団生活はそういうところがありますよね。
全員に対して個別対応は出来ないから、当然理不尽な基準に我慢せざるをえない人が少なからず出てくるし。
逆に、大勢いればそういうものだという諦めの基準や耐性も出来てくる。
次男君が無用に傷つかず、社会生活に於ける暗黙のルールなどを自分で整理してうまく割り切るための経験につなげられると良いですね。

エンジェルキャッチさんと同じ様に感じられている同志が身近にいて良かったですね。
互いにフォローしあったり団結したり時には相手から学んだり・・・身近にそういう存在がいるってとても嬉しい事ですよね。
by: ハチ * 2010/06/29 23:01 * URL [ 編集] | page top↑
--ハチ様--

学校言う集団の中にいて、自分の子だけが良い思いをすればいいとは決して思いませんし、不可能なことも沢山あると思います。
しかし、次男の通っている学校は特別支援学校、個々のニーズに合わせて指導計画が組まれています。
これは双方の相談の元に作成されているものであるのにも拘らずそれに沿っていなかったり、目標達成を意識しすぎるあまりその過程をおざなりにしたり…
難しいものです。
同じ思いをしている人がいたと言う事は非常に心強かったです。
by: エンジェルキャッチ * 2010/06/30 08:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/248-4a76c698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。