スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
誰のもの?
2009 / 07 / 09 ( Thu )
最近つくづく思う。
学校って子供の成長の為にあるのに
子供が中心にいない気がする。

確かに学校と言うものを運営していくには
全て自分の子供に良いようにはならないのは分かるけど…

先日の運動会にしても支援学級全員が1年生のクラスに入るのは
先生方が指導しやすいし、普通級の先生方へも色々とお願いしたりする手間も無い。
当日までの練習も煩雑じゃなくなるしね。

でも、障害を持っていてもプライドはあるし
同じ学年の子達と過ごしたい気持ちは持っていると思う。
息子だって『何で俺3年なのに1年でやるんだ?つまんねぇ』

授業だって3年間内容が全く変わらない。
繰り返して定着させる目的なのかもしれないが、
能力には個人差があるわけだからもっと工夫が必要だと思う。
毎年同じ教材って手抜きじゃない?
保護者会で笑いながら平気で『去年と同じですが』
よく言えるなぁ。呆れてしまう。

保護者から要望を出すと必ずと言って良いほど
『時間が無い』『手が足りない』
それって言い訳じゃない?

一般企業だったらそんなこと有り得ないでしょう。
顧客に時間が無くて仕事できませんなんて言わないでしょう。

子供は先生を選べない。
大人や行政に従うしかないわけだから…

全て平等とは行かなくても(平等にする必要はない)
せめて子供たちの心の中を良く見て
本来の仕事である一人ひとりの成長に必要な手助けをして欲しい。
自分で選んだ職業なのだから。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村→ランキングに参加しています。ポチッとクリックお願いします。



スポンサーサイト
08 : 27 : 28 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なんてこった!! | ホーム | 決定!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/22-58fa6280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。