スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
想定内の出来事
2010 / 02 / 07 ( Sun )
昨日の事です。
次男が主人とレンタルDVDを借りにTUTAYAへ 

暫くして帰ってきましたが何も借りてきませんでした。 

その後何事もなかったように毎日の日課の散歩へ出かけました。 

次男が出かけて直ぐに主人が「ちょっといい?」って言って話し始めたのは…

TUTAYAで主人が気づくと次男が男性に胸倉をつかまれて『バカにしてるのか!! 』って怒鳴られていたそうです。
主人はその男性に『すみません、この子は私の子なのですが何かありましたか?』と聞いたところ、どうやら次男が言っていた独り言…
多分、ヒーロー物か何かのセリフだったようですが、その方に向けて言っていた様に聞こえたようです。

確かに次男の独り言、独り言とは言えない様な大きな声なんですよね。
しかも演技派  

前々から気にはなっていたのです。
このところ学校でもいろいろと又あって独り言が益々エスカレート 
そんな矢先の出来事でした。

主人はその男性に事情(障害がある事、独り言を入っていた事)を説明してその場を離れたそうです。

暫くしてその男性が子供を連れて次男と主人のところに来て主人に対して謝ったそうです。
主人は『私は良いので、出来たらこの子に謝っていただけませんか?』とお願いしたところ次男に対しても謝ってくれたそうです。 

それで、次男はいつもと変わらない様子で散歩に出かけられたのだと思います。
きっと怖い思いのままで終わっていたら又様子も違っていたに違いありません。 

この子連れの男性も素敵だなと思いました。
自分が勘違いをしたと思ってわざわざ謝りに来てくれたんですから…
この男性のお子さんもきっとお父さんの姿を見て学ぶことがあったと思います。

しかし、この件について私は近い将来こう言う事が起こるだろうと覚悟していました。
この独り言… 
無くすことは出来ないし、気持ちを落ち着けるための手段なので大目にみたいとは思いますが、せめて声の大きさと場所を選べるようにしてあげないとと思っています。 

これから益々社会に出るための準備がせまられます。
何を優先的に教えていかなければならないのかを良く考えて、次男と向き合っていかなければと決意も新たに  

次男が楽しく暮らせる為に、大人として他人に迷惑をかけずに生きていく為に  


スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

23 : 46 : 43 | 広汎性発達障害 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
<<取り急ぎお知らせ | ホーム | 私…  変?>>
コメント
--拍手!--

ブログ村から来ました
本当にその男性に拍手!
そして
「この子に謝ってやってくれ」と言ったお父さんに拍手!
そして そして
怖かったけど その後気持ちを立て直せた息子さんに 大拍手!

試行錯誤…ですよね…
でも本当に深刻にもなる場面ですね…
私も本人さんやお母さん方への
支援のあり方を考えなくては…
そう真剣に考えることができました。
ありがとうございました!
by: ひだまりおばば * 2010/02/08 06:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

独り言・・・なかなか改善されないことの一つですね。
次男もすごいです。
まるで一人芝居。
うちで言ってる分にはいいけれど、こうやってトラブルになることもあるんですね。
顔つきでは障害があることがわからないから余計かも。

その男性は良識があって(腹が立ったからって胸倉つかむとはどうかと思うけど)謝ってくれたからよかったけど、中には障害の事を話しても気が治まらない人もいるだろうね。

次男の場合、気持ちを落ち着かせてる風でもないんだけどな。
by: yuyuhaya * 2010/02/08 08:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

独り言で1番心配なのがこういう事です・・だから、一人で出かけさせられないi-201。あと、自分が気になるとじーっと見つめてしまう・・相手によってはこれだけでトラブルになったりする事も考えられますし。
お父さんが一緒でよかった。お父さん立派ですね、きちんと対応されて・・相手の方もちゃんと謝罪されて・・。
うちのお姉ちゃんも独り言が尋常じゃない事があるので、とても心配i-193
ところで、元気になったかな、少しは休めましたか?
by: fightmama * 2010/02/08 09:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

子どもの年齢を考えると 本当に悩んでしまいますよね。
「なんとかしないと」って思いが強くなっちゃいますもん。
うちも同じです。
きっとエンジェルキャッチさんと私、似たような心配をしてると思います。
相手のお父さんが胸倉をつかんでっていうの、
良識ある方のようだけど、それでも
胸倉をつかむほど「馬鹿にされた」と感じてしまう…と とらえてしまいますもんね。
トラブルから子どもを守るためには子どもの教育も急がれますよね…
だって もう 体格は大人に近いですから…。
うちは龍の独り言と翔、龍2人の視線、
翔の「言っていいことと悪いこと」に苦労してます(泣)
うー お互い頑張ろう~~(泣)
by: kataro * 2010/02/08 12:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

声の大きさは、難しい問題ですね。
そこに意識は全くないですもんね。

相手の方が良い方で本当に良かったですね。障害があるからどうしたという方もいますのでね(経験者)

こういう方が少しでも増えてくれたら、私たち親は気持ち的にもストレスが減るなと感じました。
by: あい * 2010/02/08 17:36 * URL [ 編集] | page top↑
--ひだまりおばば様--

ご訪問ありがとうございます。
そして、コメントを残してくださり嬉しいです。

次男のような一見障害を持っていると分かりにくい子供たちは、誤解されやすく支援も的確ではないことが多いです。
次男は身辺自立しており、会話も成立してしまうので尚更過大評価されがちで、それが次男の精神状態の悪化に繋がっています。
特別支援学級にいながら学校の先生にも理解してもらうことが出来ないのが現状です。

次男のような子がこの世の中に山ほどいると思うともっと優しい社会になって欲しいと思います。

又、覗きにいらしてください。
私もお邪魔させていただきます。
by: エンジェルキャッチ * 2010/02/08 22:54 * URL [ 編集] | page top↑
--yuyuhaya様--

名優と言っても良いくらい声色を変えて話してます。これ、独り言か?(^^;)

今回は事なきを得たけれど、相手によっては痛い目に会うことだってありますから…

でも、これも良い経験。
独り言の場所も考えてって少しは学習したかな?
忘れるのも時間の問題かもしれませんが。
繰り返し繰り返し学習していくしか方法はない様に思います。
by: エンジェルキャッチ * 2010/02/08 22:58 * URL [ 編集] | page top↑
--fightmama様--

私も1人で出かけさせるの本当は物凄く心配です。
でも、いつまでも親が付いているわけには行かないし、本人も年齢から言って一人になりたい時もあるでしょうし。

何時、どのような時にこの決心をするか、親としてはらを括るときは必ず来ます。
そのタイミングが難しいですね。
特に女の子だと余計ね。

私は次男が自分から1人でって言い出した時に決心しました。
やはり自分で決めた事の方が頑張れるように思います。失敗しても本人が納得するしね。

元気に…
なったというか、させられたというか…(^^;)
心配してくれてありがとう。
by: エンジェルキャッチ * 2010/02/08 23:06 * URL [ 編集] | page top↑
--kataro様--

年齢的にも体格的にも、もうあまり猶予は無い様に思っています。
焦っても仕方ないことだけど、何とかしたい。
切実です。

とにかく一番大切な事は、他人に不快な思いをさせないということ。
私はそう思っています。

気持ちをストレートに言葉にする。
素敵な事だけどストレートすぎてね。
近くにいてハラハラすることもしばしば(^^;)

具体的に指摘してパターンで覚えてもらうしかないのかな?
何か良い方法見つけたら教えてくださいね。
by: エンジェルキャッチ * 2010/02/08 23:12 * URL [ 編集] | page top↑
--あい様--

>障害があるからどうしたという方もいますのでね(経験者)

私も経験者です。(^^;)

声の大きさは目には見えないので、テレビのボリュームに例えて注意をしているのですが、本人が意識していないとその時だけ声が小さくなるだけなんですよね。

障害が有っても無くても他人に迷惑をかけないようにするのは当たり前のこと。
これだけは厳しくしつけて行きたいと思ってます。



by: エンジェルキャッチ * 2010/02/08 23:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

よく電車でも見かけます。周りの人がだんだん遠巻きになる。やっぱりちょっと恐いもんね。

人に迷惑をかけないことを、細かくこれはダメってひとつひとつ教えていかないと。本人は意識せずやっているから~せめてお外だけは頑張って緊張してほしいね。
by: ミリわん * 2010/02/08 23:23 * URL [ 編集] | page top↑
--よかったですね~--

苦い体験にならなくて良かったです。
その男性も「漢」って感じの方で、運が良かったと言えば良かったのかもしれませんが、きっと良い出会いだったと思います。お互いに。

次男君にも伝わったかな??
by: ハチ * 2010/02/08 23:28 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは。
それは怖い目に合われましたね。でも、不幸中の幸いでした。
独り言言う子は多いんです。
やはり、トラブルになることがあります。

きっとエンジェルキャッチさんはこれまでも、次男さんに独り言について直接注意をされてこられたと思いますから、次男さんも分かっておられるでしょうが、何しろ、「無意識」だと思うので、本人に注意するだけでなく、環境を整えて、次男さんが努力しやすくできないか考えてみるのもいいことだと思います。

私たちが行動を変えようとするときのテクニックとして教えられるのは
問題になる行動について徹底的に記録を取ることです。
「いつ」「だれと(あるいはひとりで)」「どういう状況の時に」を記録します。記録するとある一定の傾向が分かることがあります。
「こういう環境で起こりやすい」また逆に「こうだったらがまんできる」
おそらく他の人と一緒で話したりしているときは大丈夫なのでしょうから、問題は「自分の世界にこもったとき」ではないかと何となく思えます。(DVDを選ぶときなんか、そうでしょうね)そうすると、では、どうすれば、「大きな声を出さない」というルールをわすれないでいられるかです。(鼻水をすする音がするなど特に気になる環境でなければこのルールを思い出して、自分でコントロールできますか?)
何がリマインダーとして使えるかは次男さんによるのですが。
後は、視覚的、聴覚的な刺激の多さを機器などで減らして、ストレスを軽くし、がまんしやすい心の余裕を持てるようにすることもいいかとおもいます。次男さんは聴覚過敏があるようですから、ノイズリダクション付きのイヤフォンなどはいいかも。
私のような田舎暮らしと違ってエンジェルキャッチさんの住んでおられるところでは、次男さんもどうしても人混みにはいらないといけなくて大変だなあと思います。
エンジェルキャッチさんもいろいろご心配だと思います。体にお気をつけて。
by: ひかり * 2010/02/08 23:56 * URL [ 編集] | page top↑
--ミリわん様--

もうね、子供とは言えない風体ですからね。
何とかしなくては…と思ってはいるのですが。

お友達の息子さんは、殴られたそうです。
次男より障害があるって見て分かる子だったんですけどね。

自閉系の子って一度入るとなかなか抜けないことって多いですよね。
その子は『バカ』って言葉。
確かに知らない人は自分に向けられていると感じてしまいますよね。

はぁ~ 大人になるに連れてまたまた問題続出ですわ(^^;)
by: エンジェルキャッチ * 2010/02/09 00:20 * URL [ 編集] | page top↑
--ハチ様--

怖い思いをしたのですから、無駄な体験にはして欲しくないですけどね。

一度で学べるようだったら苦労はしないと言うか、ありがたいというか…

積み重ねです。
by: エンジェルキャッチ * 2010/02/09 00:22 * URL [ 編集] | page top↑
--ひかり様--

いつもアドバイスありがとうございます。

ストレスが多いとき独り言も多くなるので、それを全部ダメ!にするのは止めておいた方がいいと精神科医にも言われています。

問題はその場所や声の大きさなどを意識させることかなと…

行動観察もしなくてはいけませんね。
分かっているのですがなかなか…
これは独り言に限らず他の問題行動にも役に立つと思うので、この休日に試してみようかと思います。
by: エンジェルキャッチ * 2010/02/09 00:29 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

この記事を読ませて頂いて、主人とも話をしました。
主人の感想。
エンジェルキャッチさんのご主人、すごいね。対処法を分かっていらっしゃる。自分だったら相手の方が謝りに来られたらその場でこちらこそすみません。それで終わっていると思う。それに誤って来られた方も素晴らしい。
そう言ってました。
独り言・・・これを止めることは出来ないかもしれないけど(難しい)トラブルが起きないような対処法があると次男君も楽になれるでしょうね。
でもこの謝りに来られた方は障がいについて少しは理解できたと思います。こんな方が増えたらいいのにね。
周りの人間ができることはまず、発達障がいを理解してもらうことなのでしょうね。
by: junmama * 2010/02/10 08:25 * URL [ 編集] | page top↑
--junmama様--

主人もまだまだ発達障害について勉強中です。
でも、最近学校での出来事や学校の対応を知ることによって自然に学んだことは多いように思います。

子供が小さい頃は母親だけで何とかなった事もこの先、男は男同士でって事も沢山出てきます。
私がどんなに努力しても私では伝えられないことも…

口で説明しても理解できない出来たとしても頭に残らないので、最近は外出も主人の出番を作って、体験授業をしてもらってます。
私も楽できるしね!
次男も主人も体験学習です。
by: エンジェルキャッチ * 2010/02/10 23:36 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/180-9c9b6eef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。