スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
当事者から学ぶ事
2009 / 10 / 28 ( Wed )
先日NHKの番組で興味のあった番組があったので、録画していた物を昨日漸く見ることが出来た。 テレビ
高機能自閉症の23歳の音大生。
一見全く健常者と変わりは無いのだが、一番困っている事は空気を読めない

自分の言いたいことがあると相手が何をしていようと話しかけてしまう。
自分が考え事をしている時に話しかけられると怒ってしまう。
本人は怒っているわけではなくどうしていいのか分からないだけ。
自分の気持ちを伝える言葉が見つけられないだけ。

ある時自分が考え事をしている時に相談を持ちかけられパニックになり,あるお笑いの人が言っている言葉をそのまま使ってしまい相手に不愉快な思いをさせてしまった。
しかし彼は相手が嫌な思いをしたとは感じていない。
言ってしまった言葉もきちんと意味が分かって使っている訳ではないと言っていた。
感覚で使っているそうだ。

また自分の作曲した曲を演奏してもらうメンバーを探していたのですが、その方法が『メンバーになってくれたらお笑いの**に逢わせてあげる』と嘘をつくというのです。嘘ついてばれたらどぉするのかと母親が聞くと嘘をつくことが人を傷つけたりする事と理解していない。自分は嘘をつかれても何とも思わないというような事を言っていた。

そう言えばうちの次男もそう言うところあるなと思った。
会話は問題なく成立するのだが、時折これ本当の意味分かっていないなはてなって時があります。
又、嘘(本人は嘘と思っていない)が相手に対してどのような影響を与えるかと言う事を想像できていない。 う~ん

彼と家族の偉いところは毎日一日のあった事を話し合い不適切なところを改善しようと努力している事。
きちんと本人の気持ちを聞いてどのように対応すればよかったのか、これからどうすればよいのか等をアドバイスしていた。
そして彼はそれを素直に受け止めていた。

うちの次男にもこの家族のようにその時その時で次男が行った言動に対して人はどのように感じるか、これからはどうしたらいいのかを繰り返し伝えていこう。
その為にはまず次男が自分の障害についてきちんと受け止めなければならないのだが…絵文字名を入力してください

スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

08 : 23 : 47 | 広汎性発達障害 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<又逆戻り | ホーム | もう一度行きたい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovetwirl.blog68.fc2.com/tb.php/114-8b2c6ba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。