スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お蔭さま
2015 / 12 / 17 ( Thu )
本日12月16日は次男21年目に突入の日です。

本当にドラマにしたらネタに困らないくらいの21年間でしたw
こんな呑気な事を言えるようになったのも今日が穏やかだからかな…
明日は分からないけどね。

小さい頃はいつになったら周りの人にごめんなさいと謝って歩くことがなくなるんだろうと悩む日々だった。

学校の頃は今でも苦しい思い出ばかり。
こんなに先生運に恵まれない人も珍しいくらい。
幼稚園からずっと次男を見守り続けてくださっている精神科のDrも「あの先生たちは酷かったね。」って言うくらいw
未だにその心の傷跡は次男の生活に影響を及ぼしているけれど、今を明るく前向きに過ごせていることは周りの方々の次男への温かい思いを頂けているからだ。

最近の次男は就労移行支援事業所でワンちゃん用のクッキー作りをしたり、レストランの食器洗い・パン造りなどいろいろなお仕事をして過ごしている。

確かに発達障害特有の苦手な部分の克服は難しく、進んだり戻ったりの毎日だけれども、ふと気づくとこんな事もできるようになったんだ!!って嬉しい事も増えてきました。

先日も職場からLINEで「冷蔵庫にたまごはありますか?」と聞いたら
「1個は先ほど卵かけごはんで食べました。あと残り2個です」
「ミートソースは残っていますか?」
「ミートソースは残っています。しかし麺がありません。」と的確な答えを言えるようになりました。

職場でも次男が食器洗いの担当の日、他の利用者さんの仕事が無くなり所長が次男の食器洗いの仕事を譲って欲しいと頼んだら、快く譲れたり、逆に急きょお休みなった利用者さんの代わりに食器洗いの仕事を引き受け、次男の帰る時間までに食器洗いが終わらず所長に途中で終わっても良いと言われたけれど最後までやりますと言って残業したり…
環境の変化に弱い次男にしては随分といろいろな事を受け入れる力が育ってきたと嬉しく思いました。

大人になればなったで心配な事の内容が変わってきたのも事実で、一生心配事はな無くならないと思いますが、今日も一日頑張ったね。偉かったね。って言える日が増えた事は成長の証だと思います。

自宅の周りで温かい声をかけていただける事もあります。
次男の卒業した幼稚園がある教会に毎週日曜日おミサに通わせて頂けるようになり、そこの信者さん方が温かく次男を受け入れてくださり、近所で会えばお声かけ下さいます。
これが地域で生きて行くためにとっても重要な事だと思います。
本当にありがたい事です。

今日ポストに次男あてのプレゼントが…
教会の信者さんであり、次男の幼稚園時代の担任の先生が未だに次男の事を見守ってくださっているのですが、その先生からのプレゼントでした。

DSC_0954 (800x450)


因みにこちらは次男のデスクの上。
この並びは365日変わりません。w

DSC_0955.jpg

この一年も山あり谷あり谷あり…と思いますが、次のこの日も笑って迎えられるように願うばかりです。

お蔭さま…

この言葉を忘れないように。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
00 : 08 : 46 | 広汎性発達障害 | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。