スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
悲しいねぇ
2012 / 07 / 31 ( Tue )
オリンピックで世界中が盛り上がっている中こんな記事を見つけて…




発達障害で求刑超え懲役20年判決 「社会秩序の維持に」

産経新聞 7月30日(月)20時39分配信

 大阪市平野区の自宅で昨年7月、姉=当時(46)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職、大東一広被告(42)に対する裁判員裁判の判決が30日、大阪地裁であった。河原俊也裁判長は、犯行の背景に広汎性発達障害の一種、アスペルガー症候群の影響があったと認定した上で「家族が同居を望んでいないため障害に対応できる受け皿が社会になく、再犯の恐れが強く心配される。許される限り長期間、刑務所に収容することが社会秩序の維持に資する」として、検察側の懲役16年の求刑を上回る同20年を言い渡した。

 河原裁判長は判決理由で「計画的で執拗(しつよう)かつ残酷な犯行。アスペルガー症候群の影響は量刑上、大きく考慮すべきではない」と指摘。その上で「十分な反省がないまま社会に復帰すれば、同様の犯行に及ぶ心配がある。刑務所で内省を深めさせる必要がある」と述べ、殺人罪の有期刑上限が相当とした。

 判決によると、大東被告は小学5年のころから約30年間引きこもり状態で、生活の面倒をみていた姉に逆恨みを募らせ殺害を決意。昨年7月25日、市営住宅の自室を訪れた姉の腹などを包丁で何度も刺し、死亡させた。




亡くなったお姉さんは精一杯弟の面倒を何十年もみてきたのでしょう。



でも、この被告は小学5年生の頃からこの年になるまで30年近くも引きこもりのような生活をしていたようだが、アスペルガーと診断されたのはいつ頃なのか…
引きこもりになった原因は何なのか…



きっとこの被告が小さい頃はアスペルガーなんて広く知られていなかっただろうし、それを診断できる医療機関も限られていたでしょう。


学校でも、もしかしたら本人には理解できない事で注意ばかり受けていたのではないのだろうか。
機能的にできない事、苦しい事を強いられていたのではないのだろうか?



家族も同居を望んでいないなんて寂しすぎる。
でも、きっと家族もこの被告の事をどう扱っていいのかずっと分からなかったのかもしれない。



引きこもりになった原因はアスペルガーを正しく理解して支援をしてもらえなかったからではないのだろうか?



子供の頃から正しい理解をしてもらい支援してもらっていたら、もしかしたらこんな悲惨な事件にはならなかったのではないだろうか?



逆恨みをしてしまうのは、なんとなく分かる気がする。
家の次男も被害妄想のような考え方をしてしまう事があるから…



判決では「十分な反省がないまま社会に復帰すれば、同様の犯行に及ぶ心配がある。刑務所で内省を深めさせる必要がある」とあるが、確かに障害があろうとなかろうと犯した罪に対して償いをするのは当然のこと。



ただ、物事の理解の仕方、受け入れ方が脳の機能によって違う発達障害者にとって、健常と言われる人と同じような対応の仕方では意味が無いように思うのです。



十分な反省をさせる為にはこの被告が今まで受けてこられなかった発達障害に対しての十分な支援の下に行われて欲しい。



この事件は、時代と日本の福祉の未熟さと他人に対しての社会の無関心が原因で、亡くなったお姉さんはもちろんだが、家族も被告も被害者のような気がしてならないのです。



罪を許せと言うのではないけれど、司法の現場も十分な知識を持って携わって欲しいと切に願うばかりです。



どうかこの被告が人を恨んだまま一生を終えないで欲しいと心から思います。




最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

00 : 11 : 21 | 広汎性発達障害 | トラックバック(4) | コメント(6) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。