スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
次男の名誉のために…
2011 / 05 / 23 ( Mon )
今まで私は次男の事をここで沢山お話してきました。

実際次男の行動には問題が沢山あり、悩む事も投げ出したくなる事も山ほどあります。

今回の体育祭の件もそうですが、私は次男の暴力を容認しているつもりも、仕方が無いと思っている訳でも見過ごしているわけでもありません。

それ以上に次男自身が一番自分のやってしまった事で傷ついている訳ですから何とかして暴力は止めさせたいと切実に思っています。

一言で暴力と言ってもその発達段階や場面によって意味合いが違うと思っています。

次男の場合…

幼稚園の頃は言葉が話せず自己表現的な意味合いが強かったように思います。
例えば『遊ぼう』と言うつもりでお友達を噛んで、お友達が痛くて泣いたり怒ったりする反応が遊んでくれていると認識していました。
又、争い事やきつい口調などが苦手で自分と全く関係ないところでケンカだったり先生に注意されているのを見て、それを阻止したいが為の行動だったように思います。

小学校時代の次男は自分の想いが伝わらなかったり、自分がやりたい事が自分の能力や周りの条件などによって出来なかったり成功しなかったりした時のジレンマが多かったように思います。

中学校時代になると他害も見られたけれど感情は自分に向かっていた事の方が多かったように思います。

そして高校になって思春期と精神的な不安定とでエネルギーは外に向かっているように思います。

そしてその全ての事の背景に学校が存在しています。

次男の場合、小学校入学当時は普通級で学校から邪魔者扱いを受け、特別支援学級に転校後は周りの子に比べて手がかからないからと放置状態又は介添え員同様の扱いを受け、そしていじめに合っても放置されそれを大人に助けを求める術を知らずトラウマを抱えています。

中学校では先生方のスキルの無さに些細な事で注意を受け自信をなくし、追い詰められ二次障害を次から次へと発症し最後の方はうつ状態となり、教室の窓から飛び降りようとさえしました。

高校には専門性を求め特別支援学校を選び希望を持って入学したけれど、ここでも心無い対応にとうとう心を壊されて学ぶと言う最低限度の権利さえ奪われました。
解離性障害という想像もしなかった二次障害を抱える事になり、別人格が次男自身を守る為に出現しました。

もちろん全て学校のせいだとは思っていません。
親の私の責任もそれ以上に大きいと思っているし、もっと他にも解決の方法はあったのかもしれない。

実は先日の体育祭で閉会式が終わり生徒が退場している時、次男は先生方の静止を振り切って朝礼台の上に立ち学校に響き渡るような大きな声で、
『よぉ~』 と言って一本締めを何回もしました。

それを見て私には

『ボクはここだよ!』
 『僕はここに居るよぉ~』
  『僕の事を忘れないで!!』
 って聞こえました。

暴力は絶対にいけないというご意見を頂きました。
確かに最もなご意見だと思います。
私もそう思っています。
そう思い続けてきました。

だけど次男も好きで暴力をしているわけではありません。
やりたくてやっている訳でもありません。
むしろやってしまった事で傷ついています。
次男自身が一番暴力を嫌っています。

Drにも言われました。
次男君の暴力や暴言は傍目からは他人に向かっているように見えるけれども、それは全て自分に向かっている自分を責めているんだと。

次男が叫んだ言葉は、小学校以来学校から受けた疎外感や不信感や信じても信じても裏切られてきた積もり積もった心の叫びのように思えてなりません。

それでも次男は明日の学校を楽しみにしています。
それが救いです。
それが成長した証です。

本心はもう学校なんて行かないって言ってくれた方が私は楽です。
でも、同年代の人との関わり年長者との関わり、いろいろなストレスとの折り合いを学ぶ為に今は、やはり学校は必要ですし何より次男は友達を求めています。

学校に居られるように悔しい思いも、本人にとって理不尽な事も受け入れようとしています。

発達障害という凹凸がある次男なので、世間が当たり前という事も理解をするのが難しかったり本人がどんなに努力しても身に付けられない事もあります。

それでも二人三脚で乗り切っていくしかないのだと思います。

次男の名誉のために繰り返し言います。

次男は暴力を好んでしている訳ではありません。
次男は暴力を良い事だとも決して思っていません。
どうすればイライラしたり人を傷つけてしまわないか毎日朝から晩まで自分を責めています。
それでも前を向いて頑張っています。
それだけはここに記しておきたいと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

23 : 25 : 47 | 学校 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。